根來 宗孝

更新日:2018 年 4 月 19 日

フリガナ
ネゴロ ムネタカ(NEGORO MUNETAKA)
所属学部・学科
健康科学部・健康栄養学科
研究分野
栄養学、衛生学、食品科学
研究テーマ
新規グルコース親和性蛋白質に関する研究、ナイアシン・ビオチンに関する研究
取得学位
山形大学医学博士、広島大学農学修士、広島大学農学学士
所属学会
日本ビタミン学会、日本微量栄養素学会

主な研究業績(発行又は発表年月)

  年月   研究業績
2012.12 Negoro M, Sawano M, Sawamura H, Ebara S, Watanabe T: Analysis of glucose-protein interaction using p-hydroxyacetophenone-Sepharose affinity resin -Glucose decreases alcohol dehydrogenase activity in vitro-. J Electrophoresis 56, 19-24, 2012.

 

その他の業績

 年月   業績
2016.6 Yuasa M, Aoyama Y, Shimada R, Sawamura H, Ebara S, Negoro M, Fukui T, Watanabe T: Effects of biotin deficiency on biotinylated proteins and biotin-related genes in rats brain. J Nutr Sci Vitaminol 62, 81-87, 2016.
2014.9 Sawamura H, Ishii Y, Shimada R, Yuasa M, Negoro M, Watanabe T: Low level of maternal biotin intake changes the expression of biotin transporter in dams and fetuses in mice. Int J Anal Bio-Sci 2, 126-134, 2014.
2005.12 Negoro M, Wakabayashi I: Difference in interactions of alcohol dehydrogenase to p-hydroxyacetophenone-sepharose and p-acetamidophenol-sepharose. Alcohol Clin Exp Res 29, 285-293, 2005
2005.10 根來宗孝、丸茂幹雄、高橋裕二、若林一郎: 耐糖能におよぼすアルコールの影響とALDH2遺伝子多型.日本アルコール・薬物医学会誌32, 182-188, 2005.
2004.7 Negoro M, Wakabayashi I: Determination of the liver cytosolic proteins that bind to p-hydroxyacetophenone. Biomed Chromatogr 18, 335-340, 2004.
2004.5 Negoro M, Wakabayashi I: New simple method for purification of class I alcohol dehydrogenase. Alcohol Alcohol 39, 178-182, 2004

職歴(西暦)

機関名・職名・役職名 就任年月 退任年月
財団法人 競走馬理化学研究所 1990.4 1993.5
兵庫医科大学医学部医学科助手 1993.6 2000.1
山形大学医学部医学科助手 2000.4 2007.3
山形大学医学部医学科助教 2007.4 2007.9
宇部工業高等専門学校 物質工学科 准教授 2007.10 2015.3
宇部工業高等専門学校 物質工学科 教授 2015.4 2018.3
大阪青山大学 健康科学部 教授 2018.4

[健康栄養学科]教員紹介に戻る

ページトップへ