調理製菓学科調理コース

ホテルのレストランや料亭など、
現場の第一線で活躍する
プロをめざします

調理の基礎に始まり、大量調理・店舗運営のすべてを担う
レストラン実習にいたるまで、2年間で料理の知識と技をじっくりと修得。
2年目には、「調理技術クラス」と「カフェ調理クラス」、
それぞれの目標・ニーズに合わせていずれかを選択して学べます。
学内実習施設「レストランAOYAMA」での実習もスタートし、作ったランチを実際に販売します。
卒業時には全員が調理師免許を取得。卒業後は、ホテルのレストランをはじめ、
和洋中の専門店や、カフェ、社会福祉施設や料理教室など、幅広い進路が開けています。

イン

POINT.1

レストラン運営を肌で感じる
「レストランAOYAMA」での実習

1年目で基礎をしっかり修得した後、2年目の実習を主にこのレストランで行い、店舗運営のシミュレーションに繰り返し取り組みます。

POINT.2

本物の食材に触れて
本物の味を学ぶ

高級なお肉やスッポン、トリュフなど各地の珍しい食材もたくさん扱う実習は、そうした食材の加工・調理方法を学ぶことのできる貴重な機会です。

POINT.3

第一線で活躍中の
プロの指導も授業の一部

一流の教授陣から、料理の知識・技術はもちろんのこと、学外実習の情報や就職先選びのポイントなど将来につながるさまざまなことを学べます。

POINT.1

レストラン運営を
肌で感じる
「レストランAOYAMA」
での実習

レストラン運営を肌で感じる「レストランAOYAMA」での実習

学内実習施設である「レストランAOYAMA」は、食材の下処理から仕込み、調理、そして販売、片付けまでの全ての流れを体験学修できる本格的な厨房施設。調理コースの学生は、1 年目で基礎をしっかり修得した後、2 年目の実習を主にこのレストランで行い、店舗運営のシミュレーションに繰り返し取り組みます。

POINT.2

本物の食材に触れて
本物の味を学ぶ

本物の食材に触れて本物の味を学ぶ

一流の料理人としての活躍をめざすなら、一般家庭では目にできないような高級食材に触れておくことも重要です。調理コースの実習では、高級なお肉やスッポン、トリュフなど各地の珍しい食材もたくさん扱います。実習は、そうした食材の加工・調理方法を学ぶことのできる貴重な機会です。

POINT.3

第一線で活躍中の
プロの指導も
授業の一部

第一線で活躍中のプロの指導も授業の一部

調理コースの教授陣は、一流ホテルなどの現場でキャリアを積んできたその道のスペシャリストばかり。クラス担任などを受け持つ身近な存在でもあり、料理の知識・技術はもちろんのこと、学外実習の情報や就職先選びのポイントなど将来につながるさまざまなことを伝授します。

年間

1年次

基本の技を磨き、
食に関する幅広い知識を修得

料理の基礎をしっかり学ぶ 1年目。包丁の握り方から、研ぎ方、切り方、出汁の取り方から魚の三枚卸しまで、基本をしっかり身につけて、本格化する実習に備えます。また、フランス語や食文化論など食にまつわる様々な知識を身につけ、料理人としての素養を培います。学外実習では、飲食の現場で実施の就労を体験し、今後の進路を見定めていきます。

2年次

店舗経営のシミュレーション
「レストラン実習」がスタート

現場を想定した衛生管理や計数管理も含めた本格的な実習が始まります。クラス選択制も実施し、将来のニーズに合わせたきめ細やかな授業を展開します。また、カフェマネジメントの授業を通して飲食店オープンまでのプロセスや運営管理の基礎も学べます。

取得可能な資格
  • 調理師免許
  • ふぐ処理登録者証
  • 技術考査合格証
  • フードスペシャリスト受験資格
  • 茶道(裏千家)免許
  • 華道(小原流)免許

活躍のフィールド

活躍できる仕事

多くの先輩達は、ホテルやレストラン・日本料理店・カフェ・社会福祉施設・給食企業・病院などプロの料理人として幅広く活躍しています。料理のジャンルにとらわれず、各料理の基礎を学べるために活躍の幅も広がります。

充実のキャリアサポート体制

学内実習施設「レストランAOYAMA」

学内実習施設「レストランAOYAMA」

本格的な調理と店舗運営を体験学習できます。「レストランAOYAMA」では、食材の下処理から仕込み、調理、販売、片付けまで体験できる学内実習施設です。2年次には、調理技術クラスとカフェ調理クラスに分かれ、ハイグレードな調理や店舗運営のシミュレーションに取り組みます。10数名のグループごとに、年間50種類のメニューを毎回100食、調理・販売します。

現場を体験できる学外実習

現場を体験できる
学外実習

レストラン、料亭、ホテル、カフェなど、希望の調理現場を体験、実際の雰囲気や動き、妥協のない調理工程からお客様に提供される料理に触れることで、将来を具体的に考える機会になります。また、接客方法など社会人としての基本マナーも習得します。

食にまつわる多角的な学び

食にまつわる
多角的な学び

食にまつわる知識として、食文化・経営論などの専門知識、フランス語など幅広い学びを用意しています。食料経済や茶懐石論からカフェマネジメント、食の健康まで、「食」の多様な学びがあります。料理やお菓子を美しく見せるセンス、日本の伝統文化、マーケティングなどについて学べます。また、フランス語はフランスの生活習慣や文化について理解することに努めます。フランス語のレシピを読むための基礎知識を学び、料理人としての素養を培います。

資料請求はこちらから

デジタルパンフレットもCHECK!

Communication

コミュニケーション