ご利用について

対象 乳児 ~ 小学校低学年 ※ 保護者同伴でお越しください
日時 金曜日 午前 9:00 ~ 12:00

[2019年3月・4月の開室カレンダー][2019年5月・6月の開室カレンダー]

※ 優先行事のある場合は、変更することもあります

場所 大阪青山大学 箕面キャンパス 本館 1F「子育て支援室」[アクセス
利用人数 親子 10 組まで
利用料 無料
交通 スクールバス をご利用いただけます。(無料)
※ 駐車スペースに限りがありますので、自家用車でお越しの際はご一報ください
連絡先 大阪青山大学 教職支援室(担当:河内)
TEL:072 – 722 – 4641(直通)
FAX:072 – 722 – 5190(代表)
MAIL:niconico-monkey@osaka-aoyama.ac.jp
その他 ・お預かりした個人情報は、本学子育て支援室の運営以外には使用しません
・ご不明な点がございましたら、連絡先までお電話ください
  • 室内は、飲食禁止となっております(お子さんの飲み物は可能です)。
  • ご不明な点がございましたら、連絡先までお電話ください。Q&A もご確認ください。
  • 「子育て支援室」ご利用に際しては、規定をお守りください

利用申込

前日までに、所定フォーム に記入の上、FAX もしくはメールにて、お申し込みください。当日のお申込は電話にて受け付けておりますが、既に定員が埋まっている場合はお断りすることもあります。
メールの場合は、所定のフォームの項目に準じてご記入ください。

電話

072 – 722 – 4641(直通 担当:河内)

FAX

072 – 722 – 5190(代表)

MAIL

niconico-monkey@osaka-aoyama.ac.jp

子育て支援室の場所案内

キャンパス到着時の進行方向正面にある建物の 1F です。入口の階段(スロープ有)を上ってすぐ左手の引き戸を明けてお入りください。

ご利用 Q & A

子育て支援室は大学の一部ですが、自由に参加・利用のできる施設です。多くの方々のお越しをお待ちしています。難しい利用ルールもありませんので、お気軽にご参加ください。

施設・設備について

  1. どのようなおもちゃがありますか?
  2. 利用中に、授乳やオムツ交換をする場所はありますか?
  3. 学内に食事をする場所はありますか?

学生・スタッフについて

  1. どのような学生が参加しているのですか?
  2. 学生はどのように関わっているのですか?
  3. いつ行っても学生はいるのですか?
  4. 常駐のスタッフはどのような資格を持っていますか?

利用について

  1. どのような遊びをしているのですか?
  2. 託児をお願いすることはできますか?
  3. 箕面市民ではありませんが、利用できますか?
  4. 本を借りて帰ることはできますか?
  5. 1 時間だけの利用なども可能ですか?
  6. 子どもが 3 人います。利用できますか?
  7. 年齢の違う子どもを同時に遊ばせることはできますか?
  8. スクールバスにベビーカーは乗せられますか?
  9. 正門から坂道があると聞きましたが、スクールバスは坂の上まで行きますか?

その他

  1. 知り合いがいなくても参加できますか?
  2. 利用に際し、必要な持ち物はありますか?
  3. 来室の多い年齢層は何歳くらいですか?
  4. 子育てに関する質問にのってもらうことは可能ですか?

[回答]

施設・設備について

1. どのようなおもちゃがありますか?

絵本、紙芝居、体育器具、知育玩具、楽器、オルゴール、ままごと、汽車レールセット、手作り玩具、積み木、人形、ぬいぐるみなどがあります。木や布といった自然の素材を中心に用いたおもちゃを揃え、安全に配慮しています。子どもの想像力を伸ばし発達を促進するおもちゃを、専門の教員が吟味して選んでおり、家庭では取り揃えられないようなものもたくさん置いています。

2. 利用中に、授乳やオムツ交換をする場所はありますか?

周囲を気にせず授乳ができる個室があります。オムツ交換をしていただけるスペースも用意しています。

3. 学内に食事をする場所はありますか?

学生食堂や併設のコンビニをご利用いただけるほか、屋外のテーブル・ベンチでお弁当などを食べていただくことができます。コンビニ開店時は電子レンジも使えます。長期休暇中は、食堂とコンビニの運営はありませんが、食事スペースは開放しています。営業の有無にかかわらず、食べ物の持ち込みが可能です。
学生の運営するレストランや給食室のご利用については、個別にお尋ねください。

学生・スタッフについて

1. どのような学生が参加しているのですか?

参加するのは、主に健康科学部 子ども教育学科の 4 年次生で、「地域子育て支援実習」という授業を履修している学生たちです。2、3 人が 1 つのグループを作り、学外の子育て支援センターなど複数の施設を順に回りながら活動しています。保育士、幼稚園・小学校教諭などを目指して、専門的な学修を積んで来た学生ばかりです。

2. 学生はどのように関わっているのですか?

子どもと遊んだり、絵本や紙芝居を読んだりするほか、保護者の方々と教員とのコミュニケーションを見聞きすることで、家庭での子育ての実情を知り、親との関わり方について学びます。学生にとっては授業の一環でもあり、活動内容は毎回日誌に記録するなど、真剣に取り組んでいます。

3. いつ行っても学生はいるのですか?

できない週もあります。

4. 常駐のスタッフはどのような資格を持っていますか?

幼稚園教諭、保育士の免許・資格を持っています。施設や幼稚園での実習を含む、専門的な課程を修めたスタッフです。

利用について

1. どのような遊びをしているのですか?

室内にとり揃えた本や楽器、おもちゃを使って遊んでいます。親子や子ども同士で遊んだり、スタッフや学生が一緒に遊んだり、絵本や紙芝居の読み聞かせをしたりしています。時間を区切っての催し等は行わず、各自のペースで自由に遊んでいただいています。

2. 託児をお願いすることはできますか?

託児は行っていません。本学の「子育て支援室」は、親子で参加いただくことをコンセプトとしており、常に保護者の方の同伴をお願いしています。

3. 箕面市民ではありませんが、利用できますか?

市外、他府県等居住地にかかわらず、どなたでもご利用いただけます。

4. 本を借りて帰ることはできますか?

お一人 5 冊まで、2 週間の期限でお貸ししています。

5. 1 時間だけの利用なども可能ですか?

ご利用時間は自由です。ご都合に合わせてお越しください。

6. 子どもが 3 人います。利用できますか?

兄弟姉妹など複数のお子様でお越しいただくことができます。

7. 年齢の違う子どもを同時に遊ばせることはできますか?

さまざまな年齢に適したおもちゃを揃えています。複数で来られるお子様の年齢が異なっていても、それぞれの成長に合わせて遊ぶことができます。また、定期的に新しいおもちゃを購入しています。

8. スクールバスにベビーカーは乗せられますか?

乗せられます。ただし、バスの混雑具合などによっては、次の便をお待ちいただく場合もあります。

9. 正門から坂道があると聞きましたが、スクールバスは坂の上まで行きますか?

坂の上まで行き、子育て支援室のある本館前にとまります。スクールバスをご利用の場合は、坂を登らずにお越しいただけます。

その他

1. 知り合いがいなくても参加できますか?

常駐のスタッフや、学生がご利用をサポートしますので、全く問題ありません。当支援室は、グループで来られる方、個人で来られる方さまざまで、その場で知り合いになる方々もたくさんおられます。

2. 利用に際し、必要な持ち物はありますか?

飲み物や着替えなど、各自で必要なものをご持参ください。

3. 来室の多い年齢層は何歳くらいですか?

兄弟姉妹の参加も多いですが、0 歳から 2 歳くらいまでのお子様が一番多く利用されています。

4. 子育てに関する相談にのってもらうことは可能ですか?

内容によっては、専門の教員がご相談に応じることが可能です。まずは、常駐のスタッフにお声かけください。

Communication

コミュニケーション