学校法人大阪青山学園 行動計画(第 3 期)

教職員が仕事と子育てを両立させることができ、教職員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての教職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 令和 2 年 4 月 1 日 ~ 令和 7 年 3 月 31 日までの 5 年間

2.内容

目標1:産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など制度のさらなる周知と情報提供を行う。

<対策>

●令和 2 年 3 月~ 制度適用者への周知方法等の課題確認

●令和 2 年 4 月~ 法に基づく諸制度の調査・確認

●令和 2 年 7 月~ 制度に関するマニュアルを作成し教職員に配布

目標2:平成 29 年 4 月までに、所定外労働を削減するため、職員の勤務状況を確認し、業務見直し等の対策を講じる。

<対策>

●令和 2 年 4 月~ 各部署で所定外労働の原因分析を行う

●令和 2 年 10 月~ 原因分析を集約し各部署に情報提供・情報共有する

●令和 3 年 1 月~ 管理職を対象とした意識改革のための研修を実施

●令和 3 年 4 月~ 各部署における問題点の検討及び職員研修等の実施

●令和 3 年 7 月~ 業務見直し等の対策を実施

目標3:令和 3 年 10 月までに、年次有給休暇の取得日数を、一人当たり年間 10 日以上とする。

<対策>

●令和 2 年 4 月~ 年次有給休暇の取得状況について実態を把握

●令和 2 年 5 月~ 各部署で問題点・課題の検討開始

●令和 2 年 10 月~ 計画的な取得に向けた管理職研修の実施

●令和 3 年 4 月~ 有給休暇取得予定表の掲示や、取得状況のとりまとめなどによる取得促進のための取組の開始

Communication

コミュニケーション