新型コロナウィルス感染症対応として、厚生労働省が実施する制度についてご案内します。

制度概要

新型コロナウィルス感染症及びそのまん延防止のための措置の影響により、中小事業主に雇用される労働者(学生の皆さん等)が、事業主の指示により休業し、休業中に休業手当を受け取ることができない場合に休業前賃金の8割(日額上限 11,000 円)を国が支給するものです。
※実際にアルバイトを行っていた方のみがこの制度を利用できます。

「何かのアルバイトをする予定だったができなかった」という場合は対象外です。
※新型コロナによる休業の対象となる期間は、2020 年  10 月 1 日~ 2021 年  6  月 30 日です。

また、この支援金・給付金は労働者個人に支給されるものです。
※アルバイト先がまとめて申請する場合もありますが、そうでない場合は各個人が事業主の協力を得て申請書を作成し、申込みをします。
申し込む場合は事前に勤務先の事業主にご確認ください。

皆さんの経済状況改善のためにも、該当すると思われる方は下記内容ホームページをご確認ください。
個人事業主の元で勤務する場合について特に該当することが多いと思われますので下記に詳細ページのリンクを貼ります。
ここから確認して下さい。
上記に関する問い合わせは学生支援センターまで。
メールはコチラsyougakukin@osaka-aoyama.ac.jp
[学生支援センター TEL:072-724-1836]

Communication

コミュニケーション