新型コロナウィルス感染症対応として、日本学生支援機構が実施する制度についてご案内します。

新たな支援
1、緊急特別無利子貸与型奨学金申し込みについて
新型コロナウイルス感染拡大の影響によりアルバイト収入が大幅に減少した学生等を対象として、緊急特別無利子奨学金の募集を行います。
第二奨学金(有利子)制度を活用しつつ利子分を国が補填し、実質無利子(0.0%)にて貸与します。
既に第一種奨学金も貸与を受けている奨学生についても「緊急特別無利子貸与型奨学金」については併用貸与の基準ではなく第二種奨学金 (有利子)による選考を行います。
・対象学年
全学年

・対象者の要件
①第二種奨学金の基準を満たしていること。
②現在、第二種奨学金を受けていない又は申し込んでいないこと。
③家庭から多額の仕送りを受けていないこと。(150万円以上ではないこと)。
④生活費・学費に含めるアルバイト収入の割合が高いこと。
学生本人のアルバイト収入について、新型コロナ感染拡大の影響により大幅に減少したこと(「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」)の実施区域となったこと等により、令和3年において新型コロナウイルス感染拡大の影響でアルバイト代が50%以上減少した。予定していたアルバイトにつけず、見込んでいた収入が得られなくなった。

・申込期間
令和3年6月1日より
最終申し込み期間は令和4年1月24日(月)

・貸与始期
「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」の適用に伴い、アルバイト収入が大幅に減少した月以降で希望する月を選択。

・貸与金額
2万円から12万円(1万円単位で選択)

 

・提出書類(学生支援センターまで)

①「確認書兼個人信用情報による同意書」

②生計維持者の収入に関する証明書類。

③アルバイト収入減等の証明書。

④あなたの支出と収入のバランスチェックシート

⑤スカラネット入力下書き用紙

 

・申し込み方法

スカラネットからの入力

下書き用スカラネット入力例

こちら

 

2、貸与奨学金の期日前交付
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、早期にまとまったお金が必要となった学生等への支援として、奨学生からの願出により、7月の貸与奨学金振り込み日(令和3年7月9日(金曜日に))に8月分及び9月分を前期前に振り込みます。

・対象
第一奨学金・第二奨学金(いずれも全学種・全学年)
*1 すでに第一種奨学生・第二種奨学生として採用されているものが対象です。
*2 7月に7~9月分を振り込みますので、次の奨学金の振り込みは10月になります。
*3 利用している奨学金の状態等によっては利用できない場合があります。
(利用できない具体例)
・令和3年7月~9月分の奨学金の振り込み状態が「休、停止」「保留中」となっている。(予定含む)
・第一種奨学金に期日前交付を希望する場合で、併せて受給している給付奨学金の支援区分が9月まで確定していない。
・人的保証から機関保証への変更手続き中(予定含む)等

*第一種奨学金と第二奨学金を併せて申し込む場合は、それぞれの奨学金番号を記入して2通提出する。

 

申請用紙はここから

 申請用紙記入例

ここから

提出締め切り日 6月3日 17  時 学生支援センターまで

上記に関する問い合わせは学生支援センターまで、またはメールか電話でお尋ねください。
メールはコチラsyougakukin@osaka-aoyama.ac.jp

[学生支援センター TEL:072-724-1836]

Communication

コミュニケーション