学生のみなさんへ「オンライン相談」を実施します

大阪青山大学では、全面遠隔授業の実施期間中、みなさんが長時間自宅で過ごすことによる心の負担をできる限り減らせるよう取り組んでいます。
学生相談室での相談もリモートを取り入れ、電話相談もしくは Zoom によるオンライン相談が可能です。
相談したいことがある人も、特に相談したいことはないけれども愚痴を言いたい人、一人では気が滅入るから誰かと話したい、という人も、本学の学生であれば誰でも利用できます。この機会をぜひご活用ください。

全学遠隔授業期間中の自宅からのリモート相談

実施日時
4 月 29 日(木)、30 日(金)、5 月 11 日(火)~ 13 日(木)
11 時 ~ 17 時半
予約方法
1. 学生支援センターに電話して予約する(072‐724‐1836
2. E メール(gakuseisoudan@osaka-aoyama.ac.jp)で相談予約をする
相談方法
電話、もしくは Zoom
どちらか希望する方法で相談できます(通信環境によっては途中で変更することもあります)。希望の方法をお知らせください。

♢ 電話、メール予約ともに前日 17 時までの受付とします
♢ メールの返信は開室日のみです。送信の仕方については、当サイトの「学生相談室」ページを参照してください。

 

昨年度の緊急事態宣言の経験があるみなさんの中には、外出せずに自宅で過ごすことにより、心身に様々な負担やストレスがかかることを実感した人もいると思います。
例えば …

  • 身体面   頭痛、腹痛、倦怠感、吐き気、睡眠障害、食欲不振、便秘・下痢等
  • 心理面   気持ちの落ち込み、イライラ、焦り、涙が止まらない、漠然とした不安感、自責感、落ち着かない気持ち

など

日頃から自分の心身の調子に注意を向けておき、いつもと違う調子のときには無理をしないことや、適度な運動(できるだけ午前中に人の少ないところで散歩して朝の光を浴びると良いですね)や、一日の中でくつろげる時間を持つように意識してみるといいかもしれません。
一人で抱え込まずに助けを求めれば、家族や友達の他にも、学生相談室、担任、チューターの先生や、学生支援センターなど、色々な人があなたを支えます。すぐに解決できないと感じることであったとしても、話すことで客観的に状況を見直すことができ、気持ちが少し楽になるかもしれません。是非気軽に利用してみてくださいね。

[学生相談室]

Communication

コミュニケーション