●本学に募集依頼のあった奨学団体を掲載しています。掲載のない奨学財団については、直接その財団にお問い合わせください。

申込希望の学生は必ず、事前に学生課へ申し出てください。期日直前での申し出は、書類不備等により間に合わない可能性もあります。必ず余裕を持って手続きを行うように心掛けてください。

各奨学金制度の「▶詳細ページ」(外部リンクします)にて、自身が該当するか等を確認してください。

 

奨学金名 区分 月額・年額 対象学生 その他 提出期限
○交通遺児育英会

▶詳細ページ

貸与(無利子)

一部給付

・月額4万円、5万円、6万円から選択(うち2万円は給付)
・正規の最短修業期間(最大4年)
 ・保護者等が道路における交通事故で死亡したり、重い後遺障害のために働けず、経済的に修学が困難であること
・申込時に25歳までであること
・3人世帯収入要件目安:給与所得940万円以下(自営業収入520万円以下)
 他の奨学金制度と併用可

家賃補助等の制度も有

 10月22日(金)
○三重県地域と若者の未来を拓く学生奨学金返還支援事業

▶詳細ページ

給付 ・最大100万円

在学中に借受予定の奨学金総額の1 / 4

・最終学年またはその1年前の学生で、就業先が決まっていないこと。
・三重県内指定地域への定住かつ企業・団体への就業を希望する方
・常勤雇用または個人事業主として就業を希望する方  、他。
 日本学生支援機構の第一種奨学金またはこれに準ずる奨学金を借り入れ、返還予定の方。既卒者の場合は返還中である方。  令和4年1月28日(金)
沖縄県 国際交流・人材育成財団 貸与奨学金

▶詳細ページ

貸与 ・月額55,000円(無利子)

・正規の最短修業期間(最大4年)

・両親またはいずれかが沖縄県内に住民登録していること 他の給付奨学金との併用は可能。他の貸与型との併用は不可 10月15日(金)
(福)滋賀県社会福祉協議会

▶詳細ページ

貸与(返還免除要件有り) ・月額5万円以内
・入学準備金20万円以内
・就職準備金20万円以内
・卒業後、国立の施設等ならびに滋賀県内の施設等において保育士として保育業務に従事する意思を有する者

希望者は保育・教職支援室まで申し出てください

他の奨学金制度と併用可

滋賀県内で保育業務に5年間従事で返還免除

10/22(金)【必着】
(一財)篠原欣子記念財団【秋季奨学金募集】

▶詳細ページ

給付 ・月額3万円

・期間:1年半
(条件により最大2年間延長可能)

・保育士又は幼免の取得が可能となる愛知県、大阪府に所在の大学、短期大学、専門学校の学部・学科等に在籍する修業年限以内の学年の者。

希望者は保育・教職支援室まで申し出てください

・卒業後の就職先の拘束なし
・他の奨学金制度と併用可
10月22日(金)
(一財)篠原欣子記念財団【期間限定奨学金】

▶詳細ページ

給付 ・月額15,000円

・期間:半年間

・保育士又は幼免の取得が可能となる愛知県、大阪府に所在の大学、短期大学、専門学校の学部・学科等に在籍する修業年限以内の学年の者。
学年問わず。希望者は保育・教職支援室まで申し出てください
・卒業後の就職先の拘束なし
・他の奨学金制度と併用可
10月22日(金)
京都府城陽市奨学金返還支援制度

詳細ページ

給付 1年間に返還した奨学金の2分の1の額

・支援金の上限額
86,000円 /年
最大5年間分

 

次の要件を全てを満たす方。

・現在大学等に在学し、今年度中に卒業する。
・卒業後、城陽市内に5年以上定住する見込みである。
・就業等する見込みである。
・日本学生支援機構の奨学金を受けている。

 第一貸与・第二種貸与
利用者
令和4年

1月31日(月)

令和 3 年度 島根「ふるさと」看護奨学金(U・Iターン枠)貸与2次募集

詳細ページ

貸与 貸与額 60万円 ・島根県の区域外に所在する文部科学大臣またはと都道府県知事が指定した看護師養成施設(准看、通信制の課程は除く)に在学する人。

・看護師養成施設を卒業後または修士課程修了後に看護師として島根県内の医療施設等(指定機関)で所定の期間勤務する意思のある人。

・経済的な事情により奨学金の貸与を希望する人。

 他の奨学金との併用可
貸与返還免除制度あり。
(条件付) 

 

 令和3年11月16日(火)
令和3年度 島根「ふるさと」看護奨学金(過疎・離島枠)貸与募集要項【2次募集】

詳細ページ

貸与 貸与額 60万円 ・文部科学大臣または都道府県知事が指定した保険師養成施設、助産師養成施設または看護師養成施設(以下「看護師等学校養成所に在学する人。
・看護師等学校養成所または准看護師養成所を卒業後に看護職員として島根県内の過疎地・離島(※1)の医療施設等を(指定機関)で所定の期間勤務する意思のある人。

・経済的な事情により奨学金の貸与を希望する人。

他の奨学金との併用可
貸与返還免除制度あり。
(条件付)
令和3年11月16日(火)

不明な点は学生支援センター 072-724-1836 までお問合せください

Communication

コミュニケーション