大阪府をはじめ各地で、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が発出されており、新規感染者数の抑制には一定の効果は見られるものの、まだまだ病床使用率の数値は高く、死亡者数の減少が鈍いなど、注意が必要な状態が続いています。
 そのような中、大阪府、京都府、兵庫県では当初予定の 3 月 7 日の解除日を待たずに、緊急事態宣言を早期に解除しようという動きがあります。
 そこで、新型コロナウイルス拡散防止について、改めて注意をお願いしたいと思います。
 緊急事態宣言が解除されたからと言って、全てが元に戻るわけでないことは、言うまでもありません。

これまで通り
・「3密」を避ける
・手指の消毒、洗浄を励行する
・マスクを着用する
・熱が有る等体調不良の場合、無理をして登学するなど外出をせず、医療機関や保健所に相談する
など感染防止策をとるよう心掛けてください。

 また、長期休暇を利用して、旅行や帰省をすることがあるかもしれませんが、学生課へ「旅行届」を提出したうえ、旅行先でマスクなしで大声で話をしたり、長時間飲酒に興じて騒いだりしないよう、注意してください。
 さらに、アルバイトをする場合、特に飲食店等のサービス業や医療機関等、多くの人と接する職種に従事する場合は、体温チェック、マスク着用、手指の消毒など、自ら感染拡大防止策を励行することは論、充分に感染拡大防止策が講じられている事業所等に勤めるよう、心がけてください。
 1年に渡る自粛と、“非日常”によるストレスの反動で、ついつい注意する気が緩みがちになってしまいます。

 新型コロナウイルス禍が終息するのは、まだ先のことと思われます。今後も油断することなく感染拡大防止に努め、皆さんが健康に学生生活を送られますことを、切に願っています。

Communication

コミュニケーション