年末年始が近づくにつれ、親戚や友人たちとの会食の機会が増えることが予想されます。これまでに各地で発生したクラスターの例を見ると以下のような「 5 つの場面」に多く見られることがわかってきています。
 気温が低下してきた今、気を引き締めなおして新型コロナウイルスあるいはインフルエンザにり患しないよう、十分に注意してください。

感染リスクを高める 5 つの場面

1 . 飲酒を伴う懇親会等

・飲酒すると気分が高揚しするとともに聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい
・同窓会やOB会などで、遠方から集まった大人数が長時間滞在すると、感染リスクが高まる
・会食する場合で大皿料理がある場合は「取り箸」を利用し、また「回し飲み」は行わない

2 . 大人数や長時間におよぶ飲食

・長時間におよぶ飲食、はしご酒などは短時間の食事に比べて感染リスクが高まる
・同窓会やOB会などで、遠方から集まった大人数が長時間滞在すると、大声になり飛沫が飛びやすくなるため感染リスクが高まる

3 . マスクなしでの会話

・マスクを着用せず近接して会話することは、飛沫感染のリスクが高まる
・帰省あるいは旅行等で、バスを利用する際の車中でも注意が必要

4 . 狭い空間での共同生活

・狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる
・寮の部屋、ひとり住まいのトイレ等共用部分での感染が疑われる事例が発生している

5 . 居場所の切り替わり

・勉強での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により感染リスクが高まる
・休憩室、更衣室、喫煙所での感染が疑われる事例が発生している

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

会食を楽しむためには、いくつかの工夫を行うことで感染リスクを下げることが可能です。
・飲酒をする際は、少人数・短時間・適量で
・箸やコップは使い回さず、一人ひとりで
・座席の配置は斜め向かいに(正面や真横はなるべく避ける)
・会話をする際はなるべくマスク着用
・換気が適切になされている等の工夫をしている、ガイドラインを遵守した店舗を利用
・体調が悪い場合は参加しない

 クリスマスや年越し、初詣などで大勢の人が集まるイベントに参加する場合は、十分な対策を取り、また時間・場所についても極力分散するなどの防衛意識を持つように心掛けてください。

[学生課 TEL:072-724-1836]

Communication

コミュニケーション