希少な実生ゆずを使った特製だしぽん酢を学生が開発!
阪急阪神百貨店 千里阪急イベント特設ブースで先行販売
大学生 × 老舗だしメーカー × 箕面のゆず(箕面商工会議所)

| 概要
大阪府箕面市で生産されている「実生(みしょう)ゆず」は、接ぎ木ではなく種から育てる希少種で全国に約 5,000 本しかないと言われています。本学で管理栄養士を目指す学生らが、兵庫県の老舗だしメーカー「マエカワテイスト(株)」と共同でだしぽん酢を開発し、柑橘成分としてこの「実生ゆず」を使用。地元の隠れた名品を PR します!製品は 11 月 21 日(土)に阪急阪神百貨店 千里阪急で開催される「千里マルシェ」で一般販売予定。当日は開発に関わった学生らが店頭に立ち、合わせて考案した「ぽん酢に合うおすすめレシピ」も紹介します。

| プロジェクト

担 当
大阪青山大学 健康科学部 健康栄養学科(渡邉ゼミ)3・4 年次生 5 名
コラボ
マエカワテイスト株式会社(兵庫県姫路市 創業 S26 / 代表取締役 前川隆嗣)
箕面商工会議所
内 容
管理栄養士を目指す学生の卒業研究(テーマ「新しい機能性素材を利用した元気アップ食品の開発」)の一環としての食品開発と商品化
目 的
大学での研究活動を企業活動や地域産業と結びつけ、協働することで幅広い知見を得、研究成果を社会に還元する箕面の柚子を使用し PR することで地域産業の発展に寄与する

| 商品スペック

種 別
だしぽん酢
容 量
200 ml(瓶)
価 格
¥580(税別)

【販売概要】

日 時
2020 年 11 月 21 日(土)
10:00 – 15:00 (完売次第終了)
催 し
「千里マルシェ」(阪急阪神百貨店 千里阪急主催)
場 所
阪急阪神百貨店 千里阪急(千里中央)地階正面入口前
個 数
120 本(予定)を販売


写真左:渡邉教授とゼミの学生(3 年次) / 右:学生がデザインしたラベルには白衣を着た滝の道ゆずるが登場

【ポイント】

  • 「実生ゆず」の爽やかな風味にかつおと昆布の旨味が加わったまろやかな味わいが特徴です。(食品添加物不使用)
  • 食品成分分析の結果、柑橘類果汁に多く含まれる抗酸化能(単位:μmol)の含有量が箕面の「実生ゆず」において
    高いことが判明しました。
  • コロナ禍で食行動も内に向かいがちな昨今、家庭での食事に味わいを添える一品となります。学生らが合わせて考案したレシピにも、秋冬の家ご飯をより楽しくするヒントが込められています。
レシピ試作の様子は こちら

Communication

コミュニケーション