学習支援

学習支援室

学習支援室は、学生の皆さんが本学において実り多い学びを実現できるように支援することを目的として、2008 年度に開設されました。利用者人数も年々増加し、室もグループ用・個人用スペースや相談室など、目的に応じた環境づくりをすることを心がけています。
学びには沢山の種類がありますが、学習支援室ではさまざまな学びのお手伝いを行っています。どんどん活用してください。

学習支援室のサポート内容

学習支援室には、大きな役割が 2 つあります。

学びを支える役割

日頃の学習に関する相談をはじめ、大学生に学科を越えて共通して求められる、「基本的な学習面の力量」を高めるお手伝いをします。
2013 年からはこれまでのライティングセンター部門と合わせて、発達に課題のある学生のための学習支援部門を新たに設け、2 つの部門を柱にして運営しています。
教員やアドバイザーからの学びはいうまでもなく、先輩から後輩への学びの連鎖活動も特徴としています。

さまざまな学びのニーズに応える役割

「授業以外のことも学んでみたい」「大学院進学や留学、資格を取得したい」といったさまざまな学びの欲求や向学心に応えるために、アドバイスや教養ミニ講座という名のもとで幅広い学習機会を提供していきます。

学習支援室の施設

学びや相談の目的に合わせて、さまざまなスペースを用意しています。

施設全体

gakushu_photo-03 15.04.08

学習支援室
フリースペースと応接セット。昼休みは満席になります。

多目的コーナー


教養ミニ講座や企画会議に使われるスペース。プレゼンテーションの練習もできます。一角には個人用学習机やパソコンも設置しています。

グループ学習室・面談室


別室として、上記の部屋を 2 つ設置しています。

学習支援室ブログ「青山コミュニティ」

ページトップへ