授業に関すること

授業時間について

本学の授業時間は下記のとおりです。

時限 時間帯
1時限  9:00~10:30
2時限  10:40~12:10
昼休み
3時限  13:00~14:30
4時限  14:40~16:10
5時限  16:20~17:50
(※)6時限  18:00~19:30

※補講等で6時限目に実施される場合があります。

休講について

授業担当教員のやむを得ない諸事情により、授業を休講にすることがあります。その場合には、事前に掲示にて連絡しますのでよく確認するようにしてください。

補講について

授業が休講になった場合、空き時間または補講期間に実施します。その場合には、事前に掲示にて連絡しますのでよく確認するようにしてください。

警報発令時における授業について

気象警報および特別警報発令時の対応についてをご確認ください。

履修登録について

学期(前期・後期)の始めに履修する授業科目を届け出る重要な手続きです。1 年次の前期を除き、履修登録は Web 上で行います。履修登録した科目でなければ、単位を修得することができません。指定された期間内に必ず本人が行ってください。

公認欠席について

下表に示すような場合には、教務部に届け出て、所定の手続き(課題の提出を含む)を経ることにより、欠席扱いにはなりません(期間には土日祝を含む)。
なお、子ども教育学科において、保育士資格に必要となる科目(後掲の教育課程表を参照のこと)については「公欠」が認められません。このことは、保育士資格を取得するか否かを問わず適用されます。ただし、保育士資格に必要となる科目において、公欠相当の理由での欠席に関しては、事由のある欠席届を提出することで、「事由のある欠席」として取り扱います。

種類 内容 添付種類 手続期間
忌引き 父母、配偶者、子の

死亡

連続した

7日以内

会葬礼状等(法要の案内)または死亡に関する公的証明書 登学日から

7日以内

祖父母、兄弟姉妹の死亡 連続した3日以内
伯父母、曾祖父母、
甥姪の死亡
1日以内
父母、配偶者、子の法要 1日以内
法定感染症 学校保健安全法で定められた感染症により出席停止となり、医師の診断書がある場合 医師の診断書
注)発病から完治の期間が記載されていること
教育実習
保育実習関係
実習と授業が重なっている場合 特になし
注)学科から提出された一覧により教務部が確認
事前申請
その他 大学が認めた場合 都度、教務部より指示 事前申請

注)1. 公欠と認められる日数には上限があります。
【上限について】
講義は、授業回数の 3 分の 1 まで。
演習・実験・実習・実技は、授業回数の 4 分の 1 まで。
看護学科の演習科目は授業回数の 3 分の 1 まで。
注)2. 公欠として認められるには、欠席した授業相当の課題(科目担当者に確認すること)を提出しなければなりません。(期限内に課題を提出しなかった場合、または課題の内容が求められるレベルに達していない場合は、「欠席」として扱われます。)

Communication

コミュニケーション