成績評価

成績評価と学位の授与について

大学

学則 第53条
 学業成績の判定は秀・優、良、可及び不可とし、秀は 90 点以上、優は 80 点以上、良は 70 点以上、可は 60 点以上、不可は 59 点以下とする。不可は不合格とし、単位を認定されない。
学則 第54条
  健康科学部に 4 年以上在学し、本学則に定める授業科目により所定の単位を取得した者については、教授会の議に基づき学部長が卒業を認定する。
2  学長は、卒業を認定した者に対して、別に定める学位規程の定めるところにより学士の学位を授与する。
  [健康栄養学科は学士(健康科学)、子ども教育学科は学士(子ども教育学)、看護学科は学士(看護学)]

短期大学部

第46条 学業成績の判定は秀・優、良、可及び不可とし、秀は90点以上、優は 80 点以上、良は 70 点以上、可は 60 点以上、不可は 59 点以下とする。不可は不合格とし、単位を認定されない。
第47条 合格した授業科目については所定の単位数が与えられる。
第48条 短期大学部に 2 年以上在学し、本学則に定める授業科目及び所定の単位を取得した者については、教授会の議を経て学長が卒業を認定する。
  2 学長は、前項の規定により卒業した者に対して、別に定める学位規定の定めるところにより短期大学士の学位を授与する。

ページトップへ