今年もお世話になりました。

みなさん、学習支援室を利用していますか。学生は思い思いに合わせた使い方をしています。
パソコンをしたり、自習学習をしたり、グループ学習をしたり、お昼ご飯を食べたり、話をしにきたり・・・。
室に訪れる学生の中で困りごとのある場合、SAやアドバイザーが相談にのっています。また、定期的に個別面談をしながら、学習面での相談にのっている学生もいます。

ところで、学習支援室の特徴の一つでもある教養ミニ講座も活発に行いました。
4月のSA委員会で学科学年を越えた顔合わせ会を皮切りに、33回の講座を開くことができました。

講座を開講するにあたり、SAが中心になり企画案を立て、どのように実行するのかについての話し合いを重ねました。
その間、室長・アドバイザーが話し合いに立ち会い、運営委員はいうまでもなく、学科長や担当教員に連絡を取ったりしました。
講座後は反省会を持ち、次の講座に活かすよう努めました。ご満足いただけたでしょうか。

なお、今年度は大阪青山学びプロジェクト、つまり、在学生、卒業生、教職員が大阪青山で学び得たことを共有する場を作りました。
現在、来年度実施する企画案を在学生スタッフを中心に話し合っています。

今年度もあとわずかです。1月には新SAとの引継ぎが待っています。どうか、来年度も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。(学習支援室一同)

 

 

 

Communication

コミュニケーション