教養ミニ講座16「実習・国試・就職の話」

12月19日、看護学科 阿部真幸助教による「実習・国試・就職の話」と題した教養ミニ講座がありました。

現在、看護学科3年次生は領域別実習中ですが、先生はその実習訪問の間をぬって、講座を開いてくださいました。

先生ご自身が歩まれた学生時代、看護師時代を経て、現在に至るまでをパワーポイントを使ってお話くださいましたので、看護師を目指す学生にとっては、とても勉強になったと思います。

なかでも、先生は学生時代や看護師時代のノート を回覧してくださり、受講生は大いなる刺激をもらったのではないでしょうか。先生、ご多忙中、有難うございました。(室長 三木慰子)

 
「司会は看護学科2年次SAです」          「パワーポイントを使ってお話中」
 
「受講生の3分の1は1年次です」          「先生のノートに釘づけ中」
 
「熱く語ってくださいました」           「講座後、熱心に質問している1年次」


ページトップへ