学習支援室では9月29日に看護学科のFD研修会で「現代の学生の理解」に関する2つの講演活動をしました。
講演タイトルと講師は次の通りです。

①「現代の学生の理解―大阪青山の学生との27年間―」   学習支援室長 三木慰子
②「現代の学生の理解~学習支援・発達支援を通して~」 学習支援アドバイザー 榎本義文

看護学科の教員の皆さん対象に、室長は大阪青山の学生と向き合った27年間の体験談を報告し、さらに榎本は本学着任後の4年間の気づきを踏まえ、学習支援における有効な対応について話をしました。

先生方は熱心に話を聞いてくださり、後期からの学生指導の参考にしてくだされば幸いです。(室長 三木慰子)

 

gakushu_20160930_01 gakushu_20160930_02

Communication

コミュニケーション