今年度最後の第8回SA委員会が1月22日のお昼休みに行われました。1年間の締めくくりです。SAとは学習支援アシスタント学生のことで、活動期間の長い人で2年半、短い人で半年間、後輩学生のために学習面でのサポートを行ってもらいました。

学習支援室_SA委員会

 「これしかできない」から「これもできる」「あれもできる」 とSAとしての活動の幅を広げてくれたと思います。という、室長からの挨拶から始まりました。

 SAにより1年間かけて作り上げてきたメッセージツリー(各自の目標を紙に書きました)は姿を消し、メッセージの用紙のみ学習支援室の壁に貼られ、SAがメッセージを書き添えました。

学習支援室_SA委員会

1年前の目標は達成できましたか?

 続いて、学習支援アドバイザーによる「発達障がい学生のために(学生対応)」の研修の総括です。

学習支援室_SA委員会

2枚1組のカードを用いたグループワークです。何が始まるのでしょう・・。

 

学習支援室_SA委員会

対応するカードを持った人を探し、ペアーになれば先生のところに行くことに・・・。

 

学習支援室_SA委員会

さすが、反応が早い!!素敵な景品が待っていました!!

 

 最後に平成25年度の活動の総括として、アンケートに記入してもらうよう、司会進行役の学習支援アドバイザーから話がありました。

学習支援室_SA委員会

わずか10分間でアンケート用紙をまとめてくれました。

 

<SAアンケートから>

力を入れたこと・身に付いたこと

  *さまざまな人との話し方や接し方が身に付きました。

  *学習面でのサポートができたことがよかった。

  *国家試験対策講座という勉強会を自主的に開くことができ、自分の勉強にもなった。

  *上級生との関わりができた。

  *支援の仕方がわかった。

要望

  *SAの交流の機会を増やしてほしい。

  *運営委員の先生とSAとの交流を設けてもらいたい。

  *パソコン台数の増加などを希望する。

  *学生の悩みに対して、SAがもっと活動すべきだと思う。

  *利用者の少ない学科向けのイベントをやりたい。

  *自分の特技を活かしたい。

SAからの貴重な意見は次年度の学習支援室の運営に反映したいと思います。今年度の活動、お疲れ様でした。

学習支援室_SA委員会

8名(欠席者2名)のSAを囲んで記念撮影!!有難うございました!!

 

(学習支援室 三木慰子)

Communication

コミュニケーション