本年5月下旬に告知し、本学でも多数の申請がありました『学生支援緊急給付金』ですが、
第二次の申請を受付いたします。
この緊急給付金は、家庭から自立してアルバイト等により学費等を賄っているにもかかわらず、
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、アルバイト収入が大幅に減少して修学継続が困難になっている
学生を支援するため、新設されました。
当給付金を希望する学生は下記内容をご確認ください。

文科省ホームページで詳細を確認していただけます。(外部サイトへリンク)

給付金額

住民税非課税世帯の学生   20 万円
上記以外の学生       10 万円

給付対象となる学生 (基準であり、全てを満たす必要はありません)

1. 以下の ① ~ ⑥ を満たす者(留学生は ① ~ ⑤ + ⑦ を満たす者)

① 家庭から多額の仕送り(授業料含め年間 150 万円以上)を受けていない
② 原則として自宅外通学(下宿等)で生活をしている
③ 生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い
④ 家庭の収入減少等により、家庭からの追加支援が期待できない
⑤ コロナ感染症の影響で、アルバイト収入が大幅に減少している(前月比50% 以下)
⑥ 既に奨学金制度の「給付」あるいは「第一種貸与」を利用している、あるいは利用を予定している
⑦ 留学生については、学業成績が優秀かつ意欲的であること等

2. 上記1を考慮した上で、経済的な理由で大学等での修学の継続が困難であると大学等が必要性を認める者

必要書類

申請の手引き(ダウンロード)
学生支援緊急給付金 申請書(ダウンロード)
上記申請書中に記載のある添付書類
(アルバイト先からの給与明細等。収入が落ちる前と後が比較できるよう、2 ~ 3 ヶ月分)
※新入生等で、予定していたアルバイトが出来なくなった場合等も対象となります。
学生支援緊急給付金を受けるための要件に関わる誓約書(ダウンロード)
他、大学が追加で提出を求める証明書等(様式2別紙 ダウンロード)

申請における注意点

1.既に一次申請を行った者について

6月時点で既に申請を行っており、給付金が入金されている学生につきましては今回の第二次申請には申込みできません。(重複申請は不可)
また、6月時点で既に申請を行ったが、まだ給付金が入金されていない学生につきましては二次申請の枠へ自動エントリーします。改めて申請書を提出する必要はありません。
一次申請時点では住民税非課税世帯ではなく10万円の支給があったが、その後 住民税非課税世帯となった場合は追加で10万円の申請が可能です。対象となる場合は学生課まで申し出てください。

2.給付金の対象者となったかどうか、の問合せについて

一次、二次申請ともに、給付金の対象者となったのかどうかについての問い合わせにはお答えしかねます。
口座への振込をもって、支給決定の通知に代えます。

3.申請の方法

本学での申請は、LINEやメールでの受付はできません。申請書類を学生課にて配布します。
必要事項記入のうえ、添付書類とともに学生課カウンターへ提出してください。

説明会実施について

下記日時に、説明会を実施します。
①7月7日(火) 16:35開始  4-505教室
②7月8日(水) 16:35開始  4-505教室
③7月9日(木) 16:35開始  4-508教室
※今回は事前参加アンケートはいたしません。
希望者は開始時間までに教室へ集合してください。

スケジュール

申請書は7月24日(金・祝)15時締切(厳守)です。

[学生課 TEL:072-724-1836]

Communication

コミュニケーション