教養・人間性・専門性の
三位一体の形成を求めて、
個性輝く大学として歩みます

大阪青山大学・大阪青山大学短期大学部 学長 篠原 厚

大阪青山大学
学長 篠原 厚

本学園は、1967 年の大阪青山女子短期大学の開学に始まり、その経験を生かしてさらに 2005 年に大阪青山大学を開学し、2017 年には創立 50 周年という記念すべき節目を迎えることができました。この半世紀の間に本学園は変化し発展し続けてまいりました。そして本年2022 年4月から子ども教育学部がスタートしました。

この間、変更を加えることなく貫いてきたものがあります。創立以来掲げてきた「高い知性と学識と豊かな情操を兼ね備えた品位ある人材の育成」という建学の精神です。ここでいう知性とは、ものごとを省察する力を意味しています。学識とは、文字通り学問的な見識です。そして情操とは、知性と学識に裏付けられた感性などをさしています。この三つを備えた品位ある人間の形成、つまり、豊かな教養と人間性との統一的な形成と言い換えてもよいこの建学の精神は、次の半世紀も引き続き求めてきたいものです。

そのうえで本学は、2 学部 3 学科ともに、専門的職業人の養成を教育の目的として掲げています。管理栄養士・栄養士・栄養教諭、看護師・保健師、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭といったように、それぞれの学部・学科の特色に応じて、専門性の中身にちがいはありますが、いずれも専門的な職業人の養成をめざしている点は、本学の大きな特色となっております。専門的職業人にとって必要なのは、いうまでもなく、各専門分野にかかわる知識と技術ですが、これらすべてが人間を相手にする分野であり、まさに建学の精神で求めている人材像が必要とされます。

大きく変革しつつある社会の中で、それぞれのスペシャリストとして活躍し続けるには、豊かな教養と人間性を備えつつ、常に学び続けることが大切です。そのため、本学では、「教養」と「人間性」と「専門性」の三位一体の形成をめざし、みなさんの個性を見据えつつ一人ひとりに向き合い、少人数教育やクラス担任制・チューター制などを通して、きめ細かく、そして丁寧に、学びと学生生活を全面的にサポートします。

これからの 50 年にむかって、未来を見据え、いっそう個性が輝く大学であり続けられるよう、みなさんとともに歩んでいきたいと思います。

Communication

コミュニケーション