1967 年(昭和 42 年)、大阪青山大学の母体となる大阪青山女子短期大学の開学に合わせて、学章と学園歌が制定されました。

学章・学園歌

学章(1967 年制定)

学章■ 学章をデザインして
青山はいうまでもなく人生希望の山、その A を泰然として豊麗な山にし、その心は常に希望に輝く太陽の O であらわす。A と O を一つに結晶させる。A はすべての出発で、O は円満な簡潔、大阪の O でもある。
A と O の組合わせは簡単であるとしても、結晶にならない。そこには生々発展し、脈々と躍動する強い生命の力が基底になければならぬ。人生も社会もそれがあるから連続し進展する。それを清らかな流水の形で結晶に役立てた。

一見単純そうでもその心は強く、願いは大きい。
しかも豊かな変化の妙を秘め、高い美の調和でたくましい独自性と真価を発揮したいと思った。
これが本学の願いとなり、この学びやに学ぶ若い女性ひとりひとりの念願と努力に合致するならば、誠に幸である。
前途の多幸を心から祈る。

富田 民治(幼児教育科 教授:当時)

学章はその後、大学名を併記したロゴとして制定され、さらに2015年大学の教育指針を表すタグラインを加えた形で現在に至ります。

学園歌(1967年制定)

開学当初より変わらぬ学びの真髄と、自然に恵まれた箕面キャンパスの環境を情緒豊かに綴った学園歌。
現在も、入学式や卒業式などの式典で歌い継がれています。

学園歌

歌詞

一、緑豊かに 風薫る
  希望輝く 青き山
  つね新しき 生命もて
  励み汲まなん 知の泉

二、嵐に雪に 堪えて立つ
  わが人生の 青き山
  自ら恃む 思いもて
  磨き育てん 学と技術

三、茅渟の浦曲を 遠く見て
  心真澄の 青き山
  高くはるけき 理想もて
  共に果さん わが使命

Communication

コミュニケーション