OPEN CAMPUS オープンキャンパス2019
学科プログラム一覧

実際に学科で教える教員が行うミニ講義・体験授業は学科での学びを知る絶好の機会。毎回違ったテーマ・内容で実施するので、何度参加してもきっと新しい発見があるはずです!興味のある分野をチェックして、大阪青山大学での学びを体感してください。

OPEN CAMPUS

健康科学部 健康栄養学科

4.28

ミニ講義「肥満と内臓脂肪」

「肥満」について、栄養を中心に多面的に説明します。メタボリック症候群における内臓脂肪型肥満に対して「CT」による脂肪面積の計測と「体組成計」による測定を比較し、それぞれどのように利用されているのかを紹介します。

5.26

ミニ講義「食べ物を化学の目で見る」

私たちの体や普段何気なく食べているものは、すべて化学物質からできています。栄養素となる炭水化物や脂質、タンパク質の構造や味を感じる仕組みを化学の目で見てみましょう。

6.23

ミニ講義「熱中症を予防しよう」

暑くなると熱中症になる人が増えてしまいます。熱中症予防のための色々なスポーツドリンクについて成分や味の違いを考えてみましょう。

7.21

ミニ講義「食べる!生きる!化学反応!? -1 日 3 食しっかり食べよう-」

「3食きちんと食べよう!」といわれますが、あなたの食生活はどうですか?朝食を食べないなど、欠食したりしていませんか?食べることの大切さをいっしょに考えてみましょう。

8.10

ミニ講義「ビタミンのはなし」

ビタミンといえばレモンに豊富なビタミンC!というイメージを持たれる方が多いかもしれません。ところでビタミンは全部で何種類?体内での役割は?ビタミン発見の歴史も含めて一緒に勉強しましょう。

8.18

ミニ講義「Vege350EX メニュー」

あなたの普段の野菜摂取量は?フードモデルを使って、一日に必要な野菜摂取量についてお話しします。また、家庭でお惣菜をうまく活用する方法もお伝えします。

8.25

ミニ講義「なぜ小学校では、ジャガイモの食中毒が起こるのか」

一般では起こらないジャガイモが原因となる食中毒が小学校では時折発生します。何故、そうなるのかについて解き明かして行きます。また、その他の植物毒についてもご紹介します。

9.08

ミニ講義「ビタミンC の働きを調べよう」

キウイと玉ねぎ、ビタミンC はどっちが多い?身の回りの食品などに含まれているビタミンC の量を比較してみましょう。また、サプリメントに含まれるビタミンC の抗酸化作用についてヨウ素デンプン反応などで解明します。

OPEN CAMPUS

健康科学部 子ども教育学科

ピアノやスポーツ、造形などのテーマに取り組む体験授業と、教育学、心理学、福祉などの分野の学びに触れるミニ講義を実施します。ミニ講義はAO入試の「オープンキャンパス参加レポートコース」の受講課題となっています。詳しくはAO入試ページでご確認ください。

体験授業

4.28

体験授業「みんなが熱中!運動あそび」

子どもは遊びが大好きです。中でも、鬼ごっこやかけっこなど、からだをたくさん使った運動遊びはとても人気があります。高校生向けにアレンジした運動遊びで、楽しくからだを動かしましょう。保護者の方もぜひご参加くださいね。

5.26

体験授業「ピアノ表現を楽しむ」

ピアノは保育・教職現場で必ず登場する楽器です。ピアノ演奏の基礎を知り、子どもの心に伝わるピアノ表現について考えたいと思います。

6.23

体験授業「ちょっと不思議で楽しい科学 -溶けるということ-」

水に物が溶けるということはどんなことでしょう。身近な自然についての自分の認識を、簡単な実験で見つめ直してみましょう。

7.21

体験授業「新聞紙遊び」

新聞紙を使った遊びというと、何が思い浮かびますか?その遊びを子どもとするにはどのような展開が考えられるでしょう?その遊びは全ての年齢の子どもが楽しめるでしょうか?一度、子どもの視点に立って新聞紙遊びに取り組んでみましょう。

8.10

体験授業「スポーツでカラダとココロをリフレッシュ!」

スポーツのよさの一つに,気分をリフレッシュする効果があります。スポーツの得意や不得意関係なくボールを使ったチーム戦で知らない人と仲良くなって楽しい時間を過ごしましょう。保護者の方もぜひご参加くださいね。

8.18

体験授業「ちょっと不思議で楽しい科学 -ボトルの中に夕焼けを作ろう-」

夕日はなぜ赤い?不思議に思ったことはありませんか?身近な自然についての自分の認識を、簡単な実験で見つめ直してみましょう。

8.25

体験授業「光と楽しむ制作遊び」

皆さんはステンドグラスを見たことや作ったことがありますか?子どもが作るステンドグラスを製作し、子どもが考えるその活動の面白さを考えてみましょう。

9.08

体験授業「ヘイらっしゃい!たこ焼きづくり」

子どもたちの好きな遊びの一つにごっこ遊びがあります。中でもお店屋さんごっこは、様々な役割や活動を通して表現することの楽しさや仲間との関わりを学ぶことができます。今回は、製作 ~たこ焼きづくり~ を通してお店屋さんごっこの楽しさを味わってみましょう。

ミニ講義(AO 入試プログラム)

※ 子ども教育学科のミニ講義は、AO 入試対応プログラムですが、エントリーされない受験生の方も聴講できます
同伴の保護者・ご家族の方は、同時間帯に学科が実施する保護者説明会にご参加ください

4.28

ミニ講義「子どもの絵の発達」

子どもの絵は大人とは違う独特の魅力をもっています。また、子どもの発達段階に応じてその表現のあり方は変化していきます。認知機能や運動機能、感性や感情など、心身の発達とのかかわりから子どもの絵の発達を探っていきましょう。

5.26

ミニ講義「子どもにとっての仲間とは」

乳幼児期あるいは児童期の子どもたちにとっての仲間とはどんな存在なのでしょう。仲間の存在が子どもの発達にどう影響しているのか、一緒に考えていきましょう。

6.23

ミニ講義「『私』の発達心理学」

「私」という意識は、いつ・どのようにして自分の中にできたの?こういった心に関する疑問を科学の枠組みで解明しようとするのが心理学です。では、心理学では子どもの発達について、どんなことがわかってきたのでしょうか?大学で学ぶ発達心理学の内容を少しだけ先取りしてみませんか。

7.21

ミニ講義「子どもから学ぶこと」

保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、そして施設の職員。子どもに関わり、指導する仕事は、毎日が感動の連続です。そんな感動の中から、多くの事を学ぶことができます。今回は、子どもと関わる中での感動や学びについてお話します。

8.10

ミニ講義「子どもを巡る社会的諸問題」

近年、児童虐待・保育所待機児童・いじめ・不登校等、子どもを巡る社会的諸問題は、複雑・多様化し続けています。今回は、子どもの成育環境の歴史的変遷から、これらの問題背景について考えます。

8.18

ミニ講義「保育者・教師の育ち合いと学び合い」

保育者・教師は専門的力量を高めるために、学び続ける存在です。そのために学生時代につけておく力は何か、考えましょう。

8.25

ミニ講義「教えることと学ぶこと」

教育は、誰もが経験していることで、身近なことです。しかし、ひとたび「教育って何?」と問うてみると、身近すぎるゆえに答えを出すことが意外と簡単ではないと思います。この講義では、「教える」と「学ぶ」をキーワードにしな がら「教育」について考えてみたいと思います。「教育」について、いつもと違う視点から一緒に考えてみませんか。

9.08

ミニ講義「こころの健康について」

みなさんは、こころの健康について考えたことがありますか?この講義では、「ストレス」や「こころの健康」について理解を深め、自らのストレスと上手につきあうことや、こころの病気を予防することを考えます。
※ 9 月 8 日実施分は AO 入試プログラムではありません

OPEN CAMPUS

健康科学部 看護学科

基礎看護、小児・母性看護、成人・老年・精神看護、在宅看護など、領域ごとの領域ごとの学びを日替わりで体験できます。

体験授業

4.28

ミニ講義「筋トレで介護予防しよう」

介護予防の取り組みは、安全に成果を上げるためには、個人の体力レベルに応じた運動を行うことが必要です。実施するのはマシンを使わない、自分の体重のみで取り組める、自宅でも簡単に実施できるプログラムです。ぜひ体験してみてください!

5.26

ミニ講義「子どもの応急処置・救急処置」

日常、子どもたちに起こるケガなどに対する応急処置の方法についてお話します。その後、三角巾の使い方や乳児の心臓マッサージ等を皆さんに体験していただきます。

6.23

ミニ講義「相手を知る前に自分を知ろう」

「性格テスト」で自分がわかる!?テスト結果を元に、対人関係・コミュニケーション方法と精神看護学との関連を説明します。

7.21

ミニ講義「健康の常識 これってウソ?ホント?」

皆さんが知っている健康の常識の「ウソ?ホント?」を解説。頭を使った後は「楽しく脳刺激ゲーム」でからだを動かしましょう。

8.10

ミニ講義「高齢者の暮らしを体験して理解を深めよう」

高齢者の加齢(老い)による身体的な変化を知り、転倒を起こしやすい原因などを考えます。高齢者の疑似体験では、寝具に寝ているとき身体の圧力はどこにかかりやすいかなどを、実際に体感してみましょう。

8.18

ミニ講義「身近な人が倒れたら、あなたはどうしますか?」

身近な人が倒れた時に、慌てずすぐに対応できるように!モデル人形を使って、心肺蘇生と AED 使用の体験をします。

8.25

ミニ講義「妊婦や新生児の看護を体験してみよう!」

お腹の赤ちゃんはどう発育する?胎児の成長過程を学んでみましょう。妊婦の体感シミュレーションや、新生児の心音の聴診も体験してみてください!

9.08

ミニ講義「機能障害が起きている身体からのサインをキャッチしよう!!」

看護の仕事内容、看護師の日常、看護においての観察とアセスメントの重要性など、「看護」についてレクチャーを行います。その後、バイタルサイン測定、シミュレーターを用いて、機能障害が起こっている身体からのサインをキャッチするなどの体験プログラムに参加してみましょう。

Communication

コミュニケーション