大阪青山大学 / 大阪青山大学短期大学部 受験生サイト

9.10 SUN. レポート

9 月 10 日(日)に実施されたオープンキャンパスの様子をレポートします!

学科別プログラム

大阪青山大学[健康科学部]

健康栄養学科
・健康栄養学科・

ミニ講義「体調の変化をキャッチしよう」
oc_img19_line

“ 不定愁訴 ” と呼ばれる「なんとなく感じる体の不調」。そんな体調の変化をきちんと把握する方法について、わかりやすく説明が行われました。特に、女性にとって鉄分不足がどれだけ重要であるかなど、栄養学的な面から理論的に理解できる内容となりました。実際に血液中のヘモグロビン(赤血球)値を計測できるコーナーもあり、好評でした。また、IC タグ内蔵の本物そっくりのフードモデルで食事の栄養価を計る「SATシステム」を使い、学生スタッフがバランスの良い食事メニューについてアドバイスする「食生活診断」でも驚きの声があがっていました。食生活の重要性を実感できる、よい機会になったようです。

子ども教育学科
・子ども教育学科・
ミニ講義「困難を抱えた子どもと保育」/ 体験授業「おもしろ〝さんすう〟」
oc_img19_line

ミニ講義:さまざまな困難を抱えた子どもたちが存在する「保育現場」。子どもたちはもちろん、そこに携わる教育者にとっても厳しい環境です。例えば、自閉症児の考え方やその行動など、その規則性や理由を理解し、それに合わせた保育を行うための講義が行われました。子どもたちの未来を育むための重要な役割の職務であることを実感できたのではないでしょうか。体験実習では、折り紙を使った子どもの遊びを体験。折り紙の折り数によってハサミで切った時の図形の違いについて、想像通りだったり想像とは異なっていたり。折りの数やハサミのいれ方で違いが生じるさまざまな変化に、講義は終始賑やかなものに。楽しい時間を過ごしていただきました。

看護学科
・看護学科・
ミニ講義 在宅看護学領域「今より若い自分を目指す」
oc_img19_line

誰もが憧れる、若さを保つための方法…。そのためか、多くの方に参加していただきました。いつもの日常の中で実行可能な、認知症を予防する食生活について学んだ後は、リズムに合わせて楽しく体操! 体を動かして、頭を活性化させるプログラムは、子どもも大人にも大好評でした。

report_img03_tanki

短大タイトル
・調理製菓学科 調理コース・
体験実習 日本料理:コシが違う「本格手打ちうどん」/西洋料理:楽しく学べる「ボロニア風パスタ」
oc_img19_line

今年最後のオープンキャンパス体験実習のテーマは「麺」!日本料理はうどんの麺打ちに挑戦。打ちたて・茹でたて麺の本格的な歯ごたえと風味に驚き! 自分が作った麺はお持ち帰りいただきました。西洋料理はソースにもこだわった本格パスタ。アルデンテの茹で方を学び、濃厚なミートソースとともに熱々のうちにお召し上がりいただきました。

調理製菓学科 製菓コース
・調理製菓学科 製菓コース・
体験実習 「モンブラン」
oc_img19_line

秋のお菓子の代表選手、モンブラン作りを実体験!旬の味覚「栗」をふんだんに練り込んだマロンペーストの2種類の絞り方を教わり、パウダーシュガーと金粉の飾り付けで仕上げ! 食べるのがもったいないくらいの出来栄えとなりました☆

調理コース・製菓コース 共通
・調理製菓学科 両コース共通・
調理製菓学科を知ろう!
oc_img19_line

調理と製菓共通の実習施設「レストランAOYAMA」を開放し、カフェドリンクを味わいながら、先輩たちとトーク! 楽しい毎日の様子を実感。また、調理道具ディスプレイなどさまざまなコーナーをじっくり見て周り、調理製菓学科について、より詳しく知っていただけました。

タイムテーブル

ページトップへ