ダンス

  • 部員数:5名
  • 活動日:月・木(時間は未定)
  • 活動場所:リズム室・本館前
  • 年間行事:大学祭、箕面まつり

キャプテンにインタビュー

子ども教育学科2年次 辻 麗子(ツジ レイコ)
子ども教育学科2年次 筧 真奈(カケヒ マナ)

あなたのクラブ・サークルについて紹介してください

1年生の部員が増え、10名になりました。卒業生がコーチとして来てくれています。メンバー皆仲が良くて、活動は自由気ままな雰囲気ですが、学祭など、本番が近付くと結構ピリピリした雰囲気になったりもします。今年の大学祭ではメンバー全員で、衣装も揃え、クオリティの高いダンスを、と意気込んでいます。

大阪青山を選んだ理由

辻:高校生の時にボランティアで行った特別支援学校での一日が本当に楽しかったこと、また当時のダンスのコーチと縁があった、障がいを持った仲間と、同じ舞台で踊ったことがきっかけで、漠然と先生になりたいと思うようになり、3資格取得できる大阪青山に決めました。

筧:自分が幼稚園の頃の先生が、ピアノも絵本の読み聞かせも工作も、なんでも上手で優しくて、あこがれていました。それから今に至るまでずっと、私も幼稚園の先生に、という夢を変わらず抱き続けています。

大阪青山の好きなところ・自慢できるところ

学校までの坂道は正直キツイと思うこともありますが、緑が多くて環境は最高です。クラス制のため、先生との距離が近く、一人一人を見てくれているという実感があります。みんながまとまり、行事でも一丸となりとても盛り上がります。
ピアノにはかなり苦労していますが、興味深く引き込まれる内容の授業がたくさんあります。

クラブ活動を通して得たこと・よかったこと

ケンカをしていても、クラブに来て、一緒に踊ることで、いつの間にかまた仲良くなっています。バイトの愚痴なんかも言い合えて、普段のストレスもクラブで発散できています。全員が同じように踊れるアレンジを考えることも、苦労しつつ楽しんでいます。

将来の夢・目標

辻:できれば特別支援学校の教諭に、とは思いますが、さまざまな子どもと接することができる施設などで働けたらいいなと思っています。

筧:第一希望は公立の幼稚園の教諭なので、公務員試験を目指しています。一般教養など試験の範囲が広いので、頑張ってこなしていきたいです。

受験生へ先輩からひとこと

1限目の授業もあるので、早起きは必須です(笑)再試験にならないように、勉強も大変ですが、自分の夢に向かっていれば、勉強以外のやりたいこととも、必ず両立できると思います。学費のためのバイトも、楽しみのためのクラブも、仲間と励ましあいながら頑張れますよ。

ページトップへ