西地 令子

更新日:2016年5月13日

フリガナ
ニシチ レイコ(NISHICHI Reiko)
所属学部・学科
健康科学部・看護学科
研究分野
応用健康科学 公衆衛生看護学
研究テーマ
メンタルヘルス 運動の効果
取得学位
博士(人間環境学:九州大学)
所属学会
日本公衆衛生学会・日本疫学学会・日本健康支援学会・日本地域看護学会・日本産業衛生学会・日本産業看護学会・日本家族看護学会・日本透析医学会

主な研究業績(発行又は発表年月)

年月 研究業績(原著)
2016.3 (著書)
「看護師のための地域看護学(第1版・2版)」ピラール社 「家庭訪問」,「地域診断」の部執筆
2008 (欧文)
Decreased serum brain-derived neurotrophic factor in trained men.
2011 Association between Mental Health and Serum Brain-Derived Neurotrophic Factor in Hemodialysis Patients. International Medical Journal 18:113-115.
2013 Serum brain-derived neurotrophic factor levels are associated with dyssomnia in females, but not males, among Japanese workers. J Clin Sleep Med. 15;9:649-54.(impact factor:3.132)
2012 Different circulating brain-derived neurotrophic factor responses to acute exercise between physically active and sedentary subjects. Journal of Sports Science and Medicine. 2012, 11: 83-88. (impact factor:0.754)
2013 Effect of exercise training for the chronic hemodialysis patients. Journal of Simane Med. Sci.. 29;61-69.
2016.3 (和文)
介護支援専門員のメンタルヘルスおよびジョブストレスとケアプラン自己評価の関連性. 日本在宅ケア学会 Vol.11,49-56, 2008
2009.3 メンタルヘルスにおける運動疫学―うつ病態と脳由来神経栄養因子の観点から―,九州大学 健康科学Vol.31,22-36,2009.
2013.3 母親における育児不安と育児主訴及び保健福祉サービスの利用との関連,聖マリア学院大学紀要, 4; 41-48,2013.
2013.3 学童に通う児童のソーシャルサポートと保護者の心理的影響, 島根大学医学部紀要,35;9-21, 2013.

その他の業績

年月 業績(総説)
2003.12~2005.12 NPO法人ヘルス&ライツサポートうりずん発足、理事就任 ケアプラン第3者評価表の作成と評価指導他
2004.4~2006.3 介護支援専門員研修会 講師(通算17回)
2012.4~2013.3 中国地区公衆衛生学会 評議・理事会委員
2013.4~2014.3 現任保健師研修 3回

職歴(西暦)

機関名・職名・役職名 就任年月 退任年月
行政保健師(市町村、精神保健福祉センター、子ども総合支援センター) 15年以上  
大学における公衆衛生看護学教育歴 10年  

[看護学科]教員紹介に戻る

ページトップへ