松永 智子

更新日:2016 年 5 月 9 日

フリガナ
マツナガ トモコ(MATSUNAGA Tomoko)
所属学部・学科
健康科学部・看護学科
研究分野
老年看護学、健康福祉学
研究テーマ
健康長寿に関する研究、高齢者の転倒予防に関する研究
取得学位
博士(健康福祉学)
所属学会
日本老年看護学会、日本老年医学学会、日本看護学教育学会、日本看護科学学会、医療の質・安全学会、日本医療マネジメント学会

主な研究業績(発行又は発表年月)

年月 研究業績(論文)
2009.8 Dealing with the Early Retirement of New Graduate Nurses from the Preceptor System, Japan China Korea Nursing Conference Compilation,246-248
2009.10 百歳研究の動向と課題,山口県立大学学術情報大学院論文集,168-174
2010.3 精神看護学実習に重度心身障害施設見学実習を取り入れた効果と今後の課題,日本医学看護学教育学会誌, 19,24-26
2010.11 The characteristic of the coping pattern of the Centenarians :From Analysis by Text mining method and SOC,2nd Japan China Korea Nursing Conference Compilation,203-205
2013.3 健康長寿の生活様式の検討:健康百寿者の語りから, 山口県立大学学術情報大学院論文集
2014.10 健康百寿者の生活様式の検討,日本医学看護学教育学会誌,44-48
年月 研究業績(発表)
2009.11 看護基礎教育における医療安全教育内容の構造の検討, 医療の質・安全学会
2010.2 The long-lived actual situation and problem by a trend and the interview of Centenarians studies, EAFONS
2010.7 施設高齢者のQOLとSOCの関連に関する検討、日本看護学会老年学術集会
2011.11 看護系大学生の理科系科目に関する実態調査:履修状況と大学入試制度の課題,日本看護科学学会学術集会
2013.2 An Examination of Centenarians’ Handling of Life Events: An Analysis Based on SOC,ACAP
2014.2 Study of the health factors affecting the longevity of elderly residents in care facilities: Analysis with SOC and QOL,EAFONS

その他の業績

年月 業績
2005年6月 長崎県西海地区ヘルパー2級講習会講師
2005年 〜 2006年 長崎県介護技術講習会講師、長崎国際大学介護技術講習会講
2013年4月 〜 2015年3月 ほっとステーション高齢者相談室

[看護学科]教員紹介に戻る

ページトップへ