森岡 広美

更新日:2018 年 4 月 19 日

フリガナ
モリオカ ヒロミ(Morioka Hiromi)
所属学部・学科
健康科学部 看護学科
研究分野
看護管理・看護教育
研究テーマ
看護師の就業継続意思に関する研究、シミュレーション教育を取り入れた看護教育に関する研究
取得学位
博士(保健学)
所属学会
日本看護科学学会, 日本看護学教育学会, 日本看護研究学会, 日本看護福祉学会, 日本在宅ケア学会, 日本シミュレーション医療教育学会, 看護診断学会, 看護実践学会, ウェルネスヘルスケア学会, 国際看護学会

主な研究業績(発行又は発表年月)

   年月    研究業績(原著)
【研究論文】
2001.9 胃瘻造設患者の導入期からの関わりを考える、ホスピスと在宅ケア、9(2): 151
2016.3 外国人看護師の視点から見た海外からの看護労働力受け入れの定着化に向けた一考察―インドネシア人看護師受け入れ体制の実情調査から―, 看護実践学会誌,28(2): 46-54
2016.3 特別養護老人ホームの介護職員を対象とした“看取り”に関する要因, 日本在宅ケア学会誌,19(2): 34-41,
2016.9 成人看護学実習における看護技術経験の実態、千里金蘭大学 紀要, 13: 125-133
2016.9 『日本版Areas of Worklife Survey (AWS)-2011年版:個人と職場環境6つのミスマッチ診断』の妥当性について, 看護実践学会誌,29(1): 19-25
2017.3 若手看護師が捉えたパートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)のメリットとデメリットから離職率低下に向けたサポート方法の検討, 梅花女子大学看護保健学部 紀要,7: 16-26
2018.2 A大学の成人看護学実習において指導者から受けた指導内容に対する学生による評価と自己効力感との関連,千里金蘭大学 紀要, 14: 1-6
2018.1 Investigation of the Influence of Mentors in the Workplace Environment of Nurses, including Associated Occupational Stress and lingness to Continue Working, Journal of Wellness and Health Care 41(2): 23-39
2018.2 成人看護学演習において模擬患者を演じた上級生の経験-リフレクションに基づいた教育的効果の検討-,日本看護研究学会雑誌,40(5): 1-7
【研究発表】
2017.7 成人看護学実習における看護学生のNANDA-I看護診断のひな型の活用状況の実態について:第23回日本看護診断学会学術集会(京都)
2017.8 成人看護学(急性期)におけるシミュレーション演習の検討:第27回日本看護学教育学会学術集会(那覇)
2017.8 シミュレーション教育におけるファシリテーターのスキル向上を目指した課題の検討:第43回 日本看護研究学会学術集会(東海)
2017.9 シミュレーション演習においてファシリテーターを体験した看護教員が得た課題:第5回日本シミュレーション医療教育学会学術集会(東京)
2017.12 看護学生の臨地実習における看護技術経験の自己評価に関する研究:日本看護科学学会学術集会(仙台)
6)成人看護学実習(急性期)における看護技術経験の到達度の実態調査:日本看護科学学会学術集会(仙台)
2018.1 Examining the Skills of Nursing Teachers Who Experienced Being Facilitators in a Simulated Exercise at a University ursingepartment: Eafons(Korea)
★その他の業績
   年月    業績
2005 福祉住環境コーディネーター
2014 心理カウンセラー2級
2017〜2018 Mira-ton委員
2017〜2018 藍野高等学校非常勤講師
2018 帝塚山学院大学非常勤講師

職歴

機関名・職名・役職名 就任年月 退任年月
宝塚大学 看護学部 看護学科 助教 2012.4 2014.3
千里金蘭大学 看護学部 看護学科 助教 2014.4 2016.3
梅花女子大学 看護保健学部 看護学科 講師 2016.4 2018.3
大阪青山大学 健康科学部 看護学科 講師 2018.4

[看護学科]教員紹介に戻る

ページトップへ