更新日:2019 年 4 月 1 日

フリガナ
フルヤ ハツコ(FURUYA Hatsuko)
所属学部・学科
健康科学部 看護学科
研究分野
小児看護学、ストレス心理学
研究テーマ
乳幼児の愛着形成、看護師のストレス評価
取得学位
兵庫教育大学 学校教育学修士
所属学会
日本看護科学学会 日本心理学会 日本心理臨床学会

主な研究業績

年月 研究業績
2018.12 古屋肇子・石垣恭子・西村治彦 看護場面における回避型対処行動と女性看護師のストレス状態の関連性の検討 第 38 回日本看護科学学会学術集会プログラム P13 P1-5-21 10319(学会発表)
2018.11 古屋肇子・石垣恭子・西村治彦 ストレッサーの高低による女性看護師のストレス反応とサポートの違いについての検討 第 38 回医療情報学連合大会 第 19 回日本医療情報学会学術大会抄録集 P417 (学会発表)
2017.11 古屋肇子・水野(松本)由子・石垣恭子・西村治彦 女性看護師のメンタルヘルスへの家族構成とサポートの影響分析 日本感性工学会論文誌 16 巻 5 号 p.p 449-456.(査読論文)
2016.3 古屋肇子・野村幸子・阿部真幸他 看護学科学生の解剖見学実習の意義 大阪青山大学紀要 2016.3(査読論文)
2015.5 古屋肇子・南波香織他 新入大学生のアルコール体質検査とアンケートによる飲酒意識について CAMPUS HEALTH 52(2) 2015.5(査読論文)
2013.2 「心とからだを育む」子どもの保健 II(演習)保育出版社(共著)
2009.9 Hatsuko Furuya,Kyoko
Ishigaki,Mamiko Nakaue The Relationship between Job Environment and Intention
to Quit among Nurses The1st International Nursing Research Conference of World
Academy of Nursing Science in Kobe       
Program.136.B26 (学会発表)
2008.7 古屋肇子・谷冬彦 看護師のバーンアウト生起から離職願望に至るプロセスモデルの検討 日本看護科学学会誌 第28巻 第2号p.p55-61. (査読論文)
2006.12 古屋肇子・石垣恭子 看護師の役割葛藤場面におけるストレス対処尺度作成の試み 第26回日本看護科学会 学術集会 講演集.422  (学会発表)
2006.9 古屋肇子 乳児院における心理療法と愛着形成 日本心理臨床学会第25回大会p173  (学会発表)
2005.9 古屋肇子・浅川潔 看護師の職務満足とストレスの関連について 日本心理学会第70回大会.P354  (学会発表)
2004.3 古屋肇子 看護師の役割葛藤場面における職務満足とストレスの関連について 兵庫教育大学大学院 平成16年度修士論文集(学位論文)
2002.9 古屋肇子・谷冬彦 看護師のバーンアウト生起から離職願望に至るプロセスモデルの検討 日本心理学会第66回大会.P93   (学会発表)

その他の業績

年月 業績
2008.4 スミセイ女性研究者への支援受賞(~2010.3)

[看護学科]教員紹介に戻る

Communication

コミュニケーション