カリキュラム

看護職は資格を得た後も生涯にわたる自己研鑽が必要であることから、自ら学び研究できる基礎的能力を身につけ、卒業後には自立して自己の能力を高められるようにしなければなりません。そのため、看護専門職者として成長し続けていける基礎的資質や能力を身につけた人材を養成します。

学びのフローチャート

看護師として生涯成長するための基盤となる「資質」と「能力」をもった人材を養成 するためのカリキュラムです。

1 年次幅広い教養を養い、人間性豊かな人格を形成するための基礎づくり

解剖生理学をはじめとする看護の基礎を学びながら、病院での早期実習により、看護師に必要な姿勢や技術を身につけます。また、美術、芸能などの文化体験を通じて豊かな教養を養います。

2 年次看護師として必要な知識・技術の土台をつくる

1 年次で学んだ看護の知識・技術をベースに、各論・応用へと学びを深めていきます。小児・母性・老年など、専門領域ごとの基本的な看護理論・方法も学習し、看護師としての土台を固めます。

3 年次実習を通して、自分を磨き、人として大きく成長する

領域別実習では、小児・成人・老年の発達段階に加え、母性・精神など幅広い領域を網羅します。実習を通して、専門的かつ実践的な看護をを身につけながら、人としても大きく成長できます。

4 年次4 年間に培った知識・技能を集大成し、国家試験合格へ!

統合実習では、「知識」「技術」「態度」のすべてを結びつけ、実践能力を確認。医療現場で 4 年間の学びを定着させます。卒業研究を仕上げたら、万全の支援体制のもと国家試験合格をめざします。

卒業後のステージ

  • 「豊かな人間性」と「総合的な看護実践力」を備えた看護師へ
  • 自らの専門知識や技術を発揮し、「チーム医療」を支える医療人に
  • ライフステージにあわせて活躍の場を広げ、生涯にわたり看護師として働く

具体的には以下のような就職先が想定されます。
国公私立病院等の医療機関(病院)| 診療所 | 社会福祉施設 | 訪問介護ステーション など

カリキュラム一覧

看護学科のカリキュラムの詳細はこちら(2018 年度版)でご確認ください。

シラバス

看護学科 開講科目の詳細は こちら でご確認ください。

ページトップへ