看護師としての確かな知識・技術はもちろんのこと、幅広いリベラルアーツに支えられた豊かな人間性を養い、生涯に亘り学び続けることができる。そのような力を授ける大阪青山大学の看護学科の教育内容をクローズアップ!

 「看護師国家試験受検資格」「保健師国家試験受検資格(選択制)」の取得が可能

本学では、みなさんが国家試験に合格できるよう、全面的にサポートします。しかし、看護師免許取得はゴールではなく「スタート」を意味するのです。日々進展し、複雑化する医療現場においては、生涯に亘り学び続ける姿勢が大切です。心豊かに、人を思いやる心を持って、人として、看護師として成長を続けることができる人材の育成に努めます。

資格取得に向けた実習の流れ

看護学科_実習の流れ

実習体験レポート

看護学科 1 年 大山 海音

matsumoto

看護師さんがおっしゃっていた「患者さんは誰かの大切な人」という言葉が印象に残っています。看護師さんは患者さん一人ひとりの想いに寄り添って向き合いながら援助をしているのだと実感しました。患者さんと看護師さんが笑顔でお話しをされているのを拝見して、看護師という仕事は、とても素晴らしい仕事だと改めて感じることができました。(学年は取材時)

看護学科 1 年 松川 海李

tamayori

看護師さんが患者さんの安全や、快適な療養生活のためにケアされている現場を見学し、看護師さんの考え方や患者さんへの接し方に触れて、ますます看護師になりたいという思いを強めることができました。私は患者さん一人ひとりに寄り添える看護師になりたいです。(学年は取材時)

看護学科 1 年 成田 将人

matsumoto

臨地実習で患者さんとしっかり目を合わせて、真摯に患者さんとお話しをされている看護師さんの姿を見学して、とても感動しました。とても忙しい業務の中でも、看護師さんは一人ひとりの患者さんと向き合っているんだなと感じました。大学で学んだ知識や技術が本当に現場で活かされているのだと知り、臨地実習で出会った看護師さんのように、患者さんに安心してもらえるような笑顔の看護師になりたいと思いました。(学年は取材時)

看護学科 2 年 井田 美咲

tamayori

臨地実習で患者さんとコミュニケーションをとるうちに、電子カルテだけでは得られなかった患者さんの気持ちや不安を聞かせていただくことができました。患者さんの様子は日々変化していきます。その中で患者さんの個別性にあった看護援助をするためには、疾患の知識や技術の根拠を理解しておくことが重要なのだと改めて気づきました。(学年は取材時)

看護学科 2 年 世戸 鉄男

matsumoto

臨地実習で一緒になった仲間といろいろな意見交換をしたり、看護師さんにたくさんのことを教えていただきながら、患者さんの気持ちや状態を理解することができました。そして足浴の援助を実施して、患者さんからもいろいろなお話を聞かせてくださるようになり、少し理想の看護師に近づけたような気持ちになりました。これからも頑張りたいです。(学年は取材時)

看護学科 2 年 八重木 莉奈

tamayori

私は臨地実習で、患者さんの退院後の生活を考えて、入院中から関わっていくことの重要さを学びました。受け持ちさせていただいた患者さんは、退院も近かったのですが、お宅でできるリハビリテーションの方法を一緒に考えました。そうすると患者さんがお話ししてくださることも増えていき、笑顔もたくさん見られるようになってとても嬉しかったです。(学年は取材時)

看護学科 4 年 広瀬 萌映

matsumoto

忘れられない臨地実習は、一日の大半をベッド上で過ごす高齢の患者さんとの出会いです。食事は飲み込みが困難だったので、機能訓練の体操を一緒に行いました。便秘改善に向けてベッド上で過ごす時間を短縮しようと車いすで一緒に過ごす時間を増やしたり、腹部のマッサージをしました。そうすると自然にお通じがみられるようになり、患者さんは涙を流して喜び、私もとても感動しました。この出会いで、人が生活を整えるということの大切さを患者さんから学べたように思います。(学年は取材時)

看護学における専門7領域

看護領域_02

看護学には「基礎」「成人」「老年」「小児」「母性」「精神」「在宅」の 7 つの専門領域があります。 基礎看護学において、きっちりと土台をつくり、3 年次から行われる領域別実習に備えましょう。 また、4 年次には、それまでに培った「知識・技術・態度」のすべてを統合して実践能力を高めることを目的とし、「統合実習」を行います。多くの学び・気づき・経験を経て、看護師として巣立つのです。4 年間は「あっ」と言う間に過ぎることでしょう。

Communication

コミュニケーション