カリキュラム

医学や化学の基礎から、臨床に即した実習、演習まで幅広い学びを展開。
4 年間をかけて人と食と健康の関係を科学的に探求していくカリキュラムです。

学びのフローチャート

人びとの健康を守るために必要な栄養・医療の基礎を徹底して学ぶ

基礎教育科目とともに専門教育科目も履修します。また、1 年次という早い段階から栄養と食の専門の授業が始まり、2 年間にわたる調理学実習では管理栄養士として必要な調理技術を身につけます。

2年次専門知識をさらに深め、応用力を養成するため実験・実習も本格化

生化学および生化学実験、公衆衛生学、応用栄養学など専門的な実験・実習が本格化し、栄養・医療に関する知識を総合的に修得します。また、運動生理学の講義・実習やスポーツと栄養の関わりについても学びます。

3年次給食施設や保健所など臨地実習がスタート。即戦力に磨きを掛ける

臨床栄養学や公衆栄養学などの高度な応用知識を深めます。また、事業所と保健所での臨地実習で技能を磨き、食品機器分析実験や調理科学といった授業では、科学的に食品への理解を深めます。

4年次管理栄養士国家試験対策もさらに充実。キャリア形成につながる最終段階

栄養評価、栄養マネジメント、栄養教育を行うための能力を修得する総合演習や卒業研究を中心に、地域栄養活動実習、病院での臨地実習も実施します。国家試験対策講座は、いよいよ山場を迎えます。

カリキュラム一覧

健康栄養学科 カリキュラムの詳細はこちら(2018 年度版)でご確認ください。

シラバス

健康栄養学科 開講科目の詳細は こちら でご確認ください。

ページトップへ