更新日:2020 年 4 月 1 日

フリガナ
ハットリ フトシ(HATTORI Futoshi)
所属学部・学科
健康科学部 子ども教育学科
研究分野
社会科教育、社会学
研究テーマ
社会科教育、授業研究
取得学位
教育学修士(兵庫教育大学)
所属学会
全国社会科教育学会、日本社会科教育学会、社会系教科教育学会、日本生活課・総合的学習教育学会、日本教科教育学会、日本教育方法学会、日本カリキュラム学会、初等教育カリキュラム学会

主な研究業績

著書

年月 著書
2020.1 (共)「道徳資料の教材研究 -子どもたちが道徳資料から問題意識をもつために」(平山勉編『学校現場発,これが本物の道徳授業づくり』黎明書房,pp.62-71)
2019.6 (共)「「わかり直し」にこだわる社会科授業づくり-小学校第 6 学年単元「見えない暴力を見抜け! コチャバンバ水紛争で何が起こった?」(木村博一編『「わかる」社会科授業をどう創るか』明治図書出版株式会社,pp.110-115.)
2018.1 (共)「第 1 学年社会科『公園は,本当に遊ぶところ?』(平山勉編『本物のアクティブ・ラーニングへの布石 授業を創る・学校を創る』黎明書房,pp.34-39.)
2013.6 (共)「実践編②「総合的な学習の時間」の可能性を探る」「地域を教材とした総合的な学習の授業設計 -第 6 学年「町名から探る西小校区の昔」の実践を通して-」(平山勉編『今日の授業実践から明日の授業実践を創造する -教育方法学へのいざない-』黎明書房,pp.54-61.)
2011.6 共)「わかる」楽しさが実感できる授業 小 4・社会科「命とくらしをささえる水」を事例として-」(酒井宏明,若手教育研究会編『学ぶ楽しさを生む授業・教師・学校をつくる』黎明書房,pp.12-19.)
2009.9 (共)「総合的な学習と中学校社会科の関係はこう変わる-教科との連携強化の視点から-」(岩田一彦,米田豊編『中学校社会科「新教材」授業設計プラン-新旧比較で授業はこう変わる-』明治図書出版株式会社,pp.139-150.)
2008.3 (共)「具体的な情報」をことばで結ぶ」(岩田一彦・米田豊編『「言語力」をつける社会科授業モデル』明治図書出版株式会社,pp.128-134.)

論文

年月 論文
2020.3 「創造的思考力を育成する社会科授業-第 5 学年「わたしたちの生活と文化 -アイヌの文化について-」を事例にして-」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1231,54-59.)
2020.1 「地域の発展に尽くした先人」の学習に地図の活用を!(『子どもと地図』帝国書院,pp.8-9.)
2019.10 「資質・能力を育成する社会科カリキュラムの開発-グローバル社会の形成者として必要な資質・能力を育成するために-」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1226,pp.34-37.)
2019.8 「社会科は社会とどのように関わるのか-教師自身が社会に開かれているか?」(『社会科教育』No.724,明治図書出版株式会社,pp.120-123.)
2019.1 「生活科で空間認識をどう育てるか」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1217,pp.34-37.)
2019.1 「総合的な学習の時間の学習内容には,ホーム・リージョナル・スタンダードの作成を」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1217,pp.42-45.)
2018.12 「我が国の農業や水産業-表現力を上げる場面では,「なぜ疑問」より「●●だったら,○○するだろう」という仮定の考え方を-」(『社会科教育』No.716,明治図書出版株式会社,pp.42-45.)
2018.12 「たまには「笑い」がある授業がしたい!」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1216,pp.60-61.)
2018.7 「生活・社会をがんばっている」『授業力&学級統率力』No.100,明治図書出版株式会社,pp.43-44.)
2018.6 「社会事象の見方・考え方が鍛えられる授業とは~システム思考に焦点を当てた授業づくり~」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1210,pp.22-29.)
2018.4 「マンネリ化を防ぐ,「地域の発展に尽くした先人」の学習」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1208,pp.44-47.)
2018.2 「地図の活用を通した社会科教育における空間認識の育成―小学校低学年,中学年の地図の活用を事例として-」(日本地図学会『地図』Vol.56No.1(通巻221号),pp.71-76.)
2017.11 「子どもたちにとっても,「平和は大事」は当然。では「平和」について,社会科では何を学べるか。」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1203,pp.44-47.)
2017.9 「子どもが板書を使う授業を意識しよう」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1201,pp.60-61.)
2017.7 「深い学び」を達成する社会科授業とは-社会のシステム(仕組み)が見られる授業づくり-」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1199,pp.22-29.)
2016.11 「社会科の教材研究-時には慎重に,時には大胆に-」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1191,pp.34-37.)
2016.7 「グローバル社会に求められる社会科の授業づくり」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1187,pp.22-29.)
2016.5 「道具の変遷から社会の移りかわりをとらえる」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1185,pp.60-61.)
2015.9 「「米づくりのさかんな地域」-その学習内容と,その学習活動は,本当に有効か?」(『社会科教育』No.677,明治図書出版株式会社,pp.32-33.)
2015.8 「多面的に考える力を育てる教材としての「公園」」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1176,pp.30-37.)
2015.8 「教材としての「地図」再考」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1176,pp.44-47.)
2015.8 「社会科における「民話」の活用」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1176,pp.60-61.)
2015.3 「グローバル化する環境問題に焦点を当てた「グローバル社会学習の研究:附属小学校3校の連携を生かして」(『学部・附属学校共同研究紀要』No.44,(広島大学学部・附属学校共同研究機構),pp.159-168.)
2014.4 – 2015.3 (連載)「今月の教材-楽しい授業づくりのヒント」(『社会科教育』No.660~671,明治図書出版株式会社)
2014.9 「経済的な視点を意識した価値判断能力育成を図る社会科学習-小学校第四学年「地いきの発てんにつくした人びと」を事例として-」(広島大学附属小学校学校教育研究『学校教育』No.1166,pp.42-47.)
2014.3 (共)「文化に焦点化した「グローバル社会学習」の授業開発:附属小学校3校の連携を生かして」(『学部・附属学校共同研究紀要』No.43,(広島大学学部・附属学校共同研究機構),pp.153-162.)
2014.3 (共)「地域を教材とした総合的な学習の時間の授業設計-第6学年「町名から探る西小校区」の実践を通して(『名城大学教職センター紀要」』11巻,pp.13-25.)
2013.12 「クラスの子どものウラ文化知っていますか? 「自己中心」な過ごし方を注視」(『授業力&学級統率力』No.45,明治図書出版株式会社,pp.70-73.)
2013.11 「未来予測に立つ“社会を見る目”-思考訓練のポイント- 社会認識内容を保障する授業展開を!」(『社会科教育』No.655,明治図書出版株式会社,pp.36-37.)
2013.9 「父母の子ども時代=こう図解する」『社会科教育』No.653,明治図書出版株式会社,p.16)
2013.8 「ミクロな事象に目を向けさせる,フラッシュ・モブ」(『社会科教育』No.652,明治図書出版株式会社,p.99)
2013.5 「“新聞づくり”の学習計画=モデル例と指導ポイント」(『社会科教育』No.649,明治図書出版株式会社,pp.55-57.))
2012.6 「「なぜ疑問」の発見が,資料作り指導の中心」(『社会科教育』No.638,明治図書出版株式会社,pp.94-96.)
2009.9 「“教材・教具・モノ”一覧 3 年で活躍する教材・教具モノ一覧」(『社会科教育』No.605,明治図書出版株式会社,pp.66-67.)
2008.3 「子どもの暗黙知を生かした社会認識形成-エネルギー問題の学習を事例にして-」(兵庫教育大学修士論文)

実践記録

年月 実践記録
2019.7 「社会科で育成する資質・能力」(『研究紀要第47号』広島大学附属小学校,pp.41-48.)
2018.7 「論理的思考力を育成する社会科授業づくり」(『研究紀要第46号』広島大学附属小学校,pp.41-48.)
2017.9 「グローバル社会に対応した社会科授業づくり ~「わたしたちのくらしと人々のしごと」の学習を通して~」(『研究紀要第45号』広島大学附属小学校,pp.55-62.)
2016.9 「グローバル社会に対応した社会科授業づくり ~市の様子-うつりかわる広島港-の学習を通して~」(『研究紀要第44号』広島大学附属小学校,pp.51-58.)
2015.9 「多面的に考える力を育てる社会科授業づく「グローバル社会における「公園」」の学習を通して」(『研究紀要第43号』広島大学附属小学校,pp.55-62.)

その他の業績

年月 学会発表等
2019.6 「資質・能力を育成する社会科カリキュラムの開発-グローバル社会の形成者として必要な資質・能力を育成するために-」(日本カリキュラム学会,第30回大会)
2018.12 「地域の文化的背景を追究する伝統的産業学習の開発-第 4 学年社会科「広島の伝統ある味噌・府中味噌」を事例にして-」(和文化教育学会,第15回和文化教育全国大会)
2018.10 「社会背景を意識させる中学年社会科の授業づくり-第 4 学年「地域の発展に尽くした先人の働き」の学習を事例に-」(全国社会科教育学会,第67回全国研究大会))
2017.10 「子どもたちが社会背景を意識できる社会科授業づくり-第 3 学年「かきにとくべつな名前をつけると,だれにとって,どんないいことがあるのだろう?」の事例から-」(全国社会科教育学会,第66回全国研究大会)
2017.9 「低学年社会科の実践 -2014 年度からの取組をもとに-」(日本社会科教育学会,第67回全国研究大会
2015.10 (共)「環境問題に焦点を当てた「グローバル社会学習」の研究 -附属小学校 3 校の連携を生かして-」(全国社会科教育学会,第64回全国研究大会)
2015.2 「文化の「精神」に着目した小学校社会科授業―グローバル社会の球技(サッカー)を事例として-」(社会系教科教育学会第26回研究発表大会)
2014.2 「経済的な視点を意識した価値判断能力育成を図る小学校社会科学習 -小学校第 4 学年「地いきの発てんにつくした人びと」を事例として-」(社会系教科教育学会第25回研究発表大会)
2013.2 「空間軸と空間認識の育成を図る社会科授業-小学校第 3 学年の学習を事例として-」(社会系教科教育学会第24回研究発表大会)
2012.2 「社会科との連携を図る総合的な学習の時間の実践 -第 6 学年「町名から探る西小校区の昔」を事例として-」(社会系教科教育学会第23回研究発表大会)
2011.2 「空間軸を育てる生活科授業の実践」(社会系教科教育学会第22回研究発表大会)
2010.2 「中学年の発達段階に適した社会科授業の設計」(社会系教科教育学会第21回研究発表大会)
2009.2 「社会認識形成における暗黙知の活用 - 3 年生「ものをつくる人びと」を事例にして-」(社会系教科教育学会第20回研究発表大会)
2007.10 「間接体験を生かした社会認識形成-子どもの暗黙知と結びつけて-」(全国社会科教育学会・第56回全国研究大会,社会系教科教育学会・第19回研究発表大会,合同研究大会)
2007.7 「直接・間接体験を生かしたか科学的社会認識形成-子どもの暗黙知と結びつけて-」(鳴門社会科教育学会第24回研究大会)
  その他
2018.1 研究開発学校フォーラム(於:文部科学省)における研究開発発表
2017.2 第97回研究発表協議会(於:広島大学附属小学校),基調提案「グローバル化社会を生き抜く子どもの育成」

その他社会貢献活動

年月 学会発表等
2020 〜 箕面市小学校社会科研究会,指導助言
2019.7 校内研修会,社会科における授業づくり-主体的・対話的で深い学びを実現する社会科の授業づくり-,広島県福山市立千田小学校,講師,研究指導

職歴

機関名・職名・役職名 就任年月 退任年月
愛知県弥富市立栄南小学校・教諭 2000.4 2008.3
愛知県津島市立西小学校・教諭 2008.4 2014.3
広島大学附属小学校・社会科教諭 2014.4 2020.3
広島大学附属小学校・主幹教諭 2018.4 2019.3
福井大学教育学部・非常勤講師 2018.11  
2019.12  
大阪青山大学 健康科学部 子ども教育学科 准教授 2020.4 現在に至る
京都女子大学 非常勤講師 2020.4 現在に至る

[看護学科]教員紹介に戻る

Communication

コミュニケーション