子ども教育学部子ども教育学科

子どもの人生を守り、彩り豊かな未来を共に創る。

大阪青山大学 子ども教育学部 子ども教育学科は、
子どもの健やかな未来を支える教育者、
保育者を育てる学科です。
学校教育で強化されている
保幼小連携に対応できるよう
3つの資格・免許を取得するとともに、
近年ニーズが高まる教育と
福祉の連携・結合についても学べる
カリキュラムを設け、
心身ともに子どもの健やかな成長を支える
保育者・教育者を育成します。

学びのポイント

POINT.1

時代のニーズに応える多様な
資格取得をサポート

「保育士資格」「幼稚園教諭 1 種免許」「小学校教諭 1 種免許」3 つの資格・免許を取得可能とし、積極的に保幼小連携に関わっていく人を支援しています。

POINT.2

一人ひとり異なる「子ども」。
個に対応できる
保育・教育者を育成

教育現場と福祉分野を幅広く学び、子どもの心身の成長・発達を支える保育者・教育者を育てます。

POINT.3

学生一人ひとりに
充実のキャリア支援を実施

少人数制×担任制×初年次からのキャリア教育。学生一人ひとりの希望を尊重した丁寧な指導を行います。

POINT.3

子育て支援を通して
地域社会に貢献

学内施設「子育て支援室」での活動をはじめ、地域社会に貢献し、子ども理解を深める学びを展開します。

POINT.1

時代のニーズに応える多様な資格取得をサポート

時代のニーズに応える多様な資格取得をサポート

子どもを取り巻く環境は絶えず変化しています。
昨今、学校教育で重視されているテーマの一つが「保幼小連携」。就学前の素地作りの必要性が高まり、幼児教育と小学校教育の連携が求められています。子ども教育学科では、このような時代の流れに対応するため、「保育士資格」「幼稚園教諭 1 種免許」「小学校教諭 1 種免許」3 つの資格・免許を取得可能とし、積極的に保幼小連携に関わっていく人を支援しています。

POINT.2

一人ひとり異なる
「子ども」。
個に対応できる
保育・教育者を育成

一人ひとり異なる「子ども」。個に対応できる保育者を育成

これからの保育・教育現場では、一人ひとりに存在する成長・発達上の課題に、個別に対応することが求められます。
子ども教育学科では、家庭や学校などの子どもが育つ環境や、健康、福祉など幅広い分野に目を向け、
子どものこころとからだの成長・変化を深く理解することで、
それぞれの個に応じた支援のできる指導者をめざします。

POINT.3

学生一人ひとりに
充実のキャリア支援を実施

学生一人ひとりに充実のキャリア支援を実施

「キャリアデザイン」などの授業を通して初年次から学びの目的を明確にします。学外実習の際には、将来像を描きながら具体的な目標を持って臨めるよう、手厚い事前事後指導を行います。採用試験を見据え、ピアノの指導は4年次まで継続。4年間を通したきめ細やかなサポートで、学生一人ひとりの希望を尊重したキャリアの実現を後押しします。

POINT.4

子育て支援を通して
地域社会に貢献

子育て支援を通して地域社会に貢献

子どもを理解することは、
子育てをする保護者の気持ちを理解することでもあります。
子ども教育学科では、学内に「子育て支援室」を開設し、
乳児〜小学校低学年の子どもとその保護者を対象に一般開放を行っています。
学生はそこに参加して、保護者と子どもの関わりや、
子どもの育ちについて、親子関係を通して学びます。

4年間の学びの流れ

1年次

大学で学ぶ土台を養い、
キャリア意識を形成

少人数制の「学習基礎演習」などを通して、レポート作成などにおけるリサーチ方法、プレゼンテーション方法などのアカデミックスキルを磨き、大学での学びの土台を養います。

2年次

基礎から応用へ。 実践の場で生きる
学びへステップアップ

子どもに関する学問知を総合的に学びながら、実践の場で求められる応用力を高めていきます。教育実習や保育実習もスタートし、実際の教育現場を想定した授業が増えます。

3年次

保育・教育現場体験から実践力を養成

保育の内容や方法、小学校での各教科の教育方法について学ぶ演習や、保育・教育現場での実習を通して実践力を身につけます。「健康子ども学専門ゼミナール」では関心あるテーマを探求し、子ども観・保育観・教育観を養成。学んだことを 4 年次の卒業研究につなげます。

4年次

専門性を究め、
卒業研究にも取り組む

「地域子育て支援実習」では、子どもと保護者への支援について実践的に学びます。即戦力としての知識や技術を高めながら、4 年間の学びの集大成として卒業研究にも取り組み、卒業論文へとまとめ上げます。

取得可能な資格
  • 保育士資格
  • 幼稚園教諭1種免許
  • 小学校教諭1種免許
  • 社会福祉主事任用資格
  • 准学校心理士資格
  • など

活躍のフィールド

活躍できる仕事

卒業後は、保育所・幼稚園・小学校・認定こども園・児童福祉施設・子ども関連企業など幅広いフィールドで活躍できます。免許や資格を活かして直接教育に関わることも、商品開発やサービスの提案といった形で子どもや子育て家庭に関わって活躍することも可能です!

  • 幼稚園・保育所
  • 小学校
  • 認定こども園
  • 児童福祉施設
  • 子ども関連企業

2年次以降はコースに
分かれてめざす分野の
学びを深めます

学校教育で重視されているテーマに「保幼小の連携」があります。子どもの健やかな成長を考え、
幼児教育・保育と小学校教育の連携がかつてないほどに求められています。そんな時代の流れに対応し、
子ども教育学科では、学生の進路に合わせて系統的に学べる3つのコースを設定しています。
どのコースに進んでも保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の3つの資格・免許状を同時に取得することが可能です。

進路に合わせたコース選択が可能です

初等教育コース

初等教育コース

小学校の全教科・教育法
などを学ぶ

小学校の全教科・教育法、学校教育の専門理論・技術を学修。小学校教諭としてのスキルを身につけ、教師に必要な倫理観や教育観、授業作りなどの知と技を磨きます。

保育コース

保育コース

0 〜 6 歳の子どもの
保育・教育を学ぶ

0 〜 6 歳の子どもの発達特徴を理解し、それをふまえたうえで保育士、幼稚園教諭に必要な専門知識・技術を身につけます。観察実習を含む 5 回の実習を設けています。

子ども福祉コース

子ども福祉コース

特別な支援ニーズのある
子どもの教育・福祉的視点を学ぶ

「子どもと虐待」「社会的養護」などの科目を通じて、「生きづらさ」を持つ子どもの背景や、教育と福祉の関係について学修。子どもを支援する知識・技術を身につけます。

どのコースを選択しても保育士幼稚園教諭小学校教諭の 3つの資格・免許状を同時に取得することが可能です。

充実のキャリアサポート体制

教育・保育現場での就職をめざす学生のために、「対策講座」「教職支援室」「学科教員」という 3 つのバックアップ体制を構築しています。教育・保育現場でのニーズをふまえ、近年の採用動向を分析しながら一人ひとりの目標実現をサポートします。

対策講座

対策講座

公立の保育所や幼稚園、小学校での勤務をめざす人へのサポートとして「公務員・教員採用試験 対策講座」を開講しています。
外部の専門家を招いての講義はすべて大学のキャンパス内で行われるため、通常の授業の延長として移動等の負担なく受講できます。
また、学内の教員による少人数での講義も実施しています。

教職支援室

教職支援室

実習、採用試験、ボランティアなどの課外活動をトータルに支援します。
個別相談を通した学生個々へのアドバイスなど、きめ細やかなサポートを展開。勉強方法などについての相談にも応じるほか、採用試験の動向、外部就職フェア・説明会の案内、保育関連アルバイトや学習支援ボランティアなどに関する情報も豊富に提供しています。

学科教員

学科教員

全学年担任制をしき、担当教員が学生一人ひとりの個性や目標をしっかり把握。密なコミュニケーションを保ちながら、在学中の学びサポートから就職支援まで切れ目のないフォローを行います。
面接や筆記試験対策、エントリーシートや小論文の添削なども実施し、個別に手厚くサポートします。

資料請求はこちらから

デジタルパンフレットもCHECK!

Communication

コミュニケーション