ニュース&トピックス : 2017年12月

女子ソフトボール部員が、第1号「箕面市消防団学生消防隊 MATOY 」に任命されました。

 箕面市と市消防団が、この度箕面市消防団学生消防隊「MATOY」を創設。その第1号として、大阪青山大学女子ソフトボール部員22名が任命され、本学箕面キャンパス内にて任命式が行われました。去る12月20日(水)に行われた式には、倉田哲郎市長や消防署長ら多くの関係者が駆けつけ、お祝いと感謝の言葉を述べられるとともに、「若い世代の代表として、頑張ってほしい」とこれからの活躍への期待も寄せていました。

 学生消防隊の主な活動内容としては、市消防団のPRや火災予防の啓発活動のほか、大規模災害時には市消防団と連携して避難所で被災者への支援活動を行う予定です。

激励の言葉を述べられる倉田哲郎箕面市長。
箕面市消防団MATOY箕面市消防団MATOY

任命式では、消防署長より部員一人ひとりに任命状が手渡されました。
箕面市消防団MATOY箕面市消防団MATOY
本学女子ソフトボール部部員が任命されたのは、①全国レベルの大会に出場して、箕面市の名声を高めたこと ②箕面駅前の清掃活動等の奉仕活動や災害ボランティア活動等に積極的に取り組んでいること、などが評価されたのだとか。小さなことの積み重ねを、きちんと評価いただいたということでしょうか。大変ありがたいことであり、服部監督のもと、これからも変わらず取り組んで行くことでしょう。

「MATOY(マトイ)」とは「Minoh fire Aid Team Of Youth」の頭文字から命名されたもの。
箕面市消防団MATOY箕面市消防団MATOY
学生消防隊長に任命された坂上新主将は、「大阪府で最初の学生消防隊員ということで、大きな責任を感じています。私たちは常々服部監督から、ソフトボールという団体競技をとおして、人を思いやる心を育てるよう、指導を受けていて、奉仕活動や災害ボランティア活動にも積極的に参加するようにしています。未熟な私たちに、消防隊員として何ができるか分かりませんが、チームワークの良さと奉仕の精神と明るさで、皆さんが元気になれるお手伝いが少しでも出来れば、と思っています」と話してくれました。

箕面市消防団MATOY
来年以降も、脈々と受け継がれていくよう気持ちも新たに誓った“大阪青山女子ソフトメンバー”たち。

翌日付の「読売新聞」と「産経新聞」の地域版はこちらです。

Pocket

ページトップへ