新型コロナウィルス感染症の影響を受けた学生等に、日本学生支援機構が実施する緊急制度についてご案内します。

貸与奨学金の期日前交付

※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、早期にまとまったお金が必要となった学生への支援として奨学生からの願出により、月の貸与奨学金振込日「令和 3 年 12 月 10 日(金曜日)」に 1 月及び 2 月分を期日前に振り込みます。

1 対象

・第一種奨学金・第二種奨学金(いずれも全学種・全学年)

※1 すでに第一種奨学生・第二種奨学生として採用されている学生が対象です。(令和 3 年度 11 月 2

次採用による第二種奨学生を含む)。

※2 利用している奨学金の状態等によっては利用できない場合があります。

(利用できない具体例)

・令和 3 年 12 月の奨学金の振り込み状態が「休・停止中」・「保留中」となっている。

・第一種奨学金の期日前交付を希望する場合で、併せて受給している給付奨学金の支援区分が

令和 4 年 2 月分まで確定していない。

・人的保証から機関保証への手続き中(予定を含む)等。

 

2 注意事項

(1)令和 3 年 12 月に 12 月分~令和 4 年 2 月分を振り込むので、次の奨学金の振り込みは令和 4 年  3 月になります。

(2)令和 4 年 3 月に満期を迎える奨学生については、令和 4 年 2 月 10 日(木)に令和 4 年 3 月分(1ヶ月分)のみ振り込みます。

 

3 令和 3 年 11 月新規採用者について

・令和 3 年度二次採用となった学生(第二種奨学生)についても、申請が可能です。

 

 4      提出書類

・ 学生支援センターで配付します。「前日前交付申請書」

 

5 提出締め切り

・令和 3 年 11 月 5 日(水)までに書類を仕上げて学生支援センターまで提出して下さい。

 

 

休学中の学生等を対象とした第二種奨学金の継続貸与

1   対象

・本大学生 全学年

2   対象者の要件

次の( 1 )から( 3 )までの全てを満たす学生。

(1) 第二奨学金の貸与を受けている学生。

(2) 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に、令和 3 年度中に休学しボランティアに参加する等(学びの複線化)活動を行う学生。

(3)   (2)の休学期間が有意義であること、及び奨学金貸与の必要性を在学学長が認める学生。

※ 「社会的貢献活動」「専攻分野のプラスになる」「自己の人間形成に役立つ」等の活動内容であることがも認められる場合は対象となる。

 提出書類

・学生支援センターで配付します。 「休学時奨学金継続願」

 

4   提出期間

・毎月 10 日(土日祝の場合はその翌日)

※当該活動を行う 2 カ月前から当該活動開始後2カ月までを目安とする。

※最終の提出期限は令和 4 年 2 月 10 日(木)です。

5  提出等の留意点

(1) 「新型コロナウイルス感染症拡大影響を機に休学活動(具体的に記入)を行う事」。

(2) 「奨学金の継続が必要であること」。

(3) 当該休学期間における継続貸与期間は、最大1年間です。

(4) 対象者について、復学後に卒業延期となる場合は「第二種奨学金貸与期間延長願」を

提出する事ができます。(学業成績不振による卒業延期は除く)。

 

上記に関する問い合わせは学生支援センター窓口までお越しください。
メールまたは電話は下記にて。
メールはコチラsyougakukin@osaka-aoyama.ac.jp

[学生支援センター TEL:072-724-1836]

Communication

コミュニケーション