AOYAMA通信 : ヨーロッパ食文化研修

ヨーロッパ食文化研修 2018 現地レポート#8

インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンツェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 8 / 2 月 20 日(火)

8 日目は、研修旅行最終日です。今日は、この研修旅行最大の目的である「ル・コルドン・ブルー」フランス本校での料理実習体験の日です。

フランス人シェフ講師から直々に習えるなんて、料理人やパティシエを目指す学生にとっては、この上ない喜びです!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
一言も聴き漏らすまいと熱心にメモをとる学生たち。

今回の実習で作った料理は、デザートを加えて 3 品。料理法や盛り付けなど学ぶことはたくさんありました!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
そして、美味しかったです!

最後は、修了証を持って、恒例の記念撮影です!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ最終日で、パリ最終日のディナーは、人気の老舗レストラン「ル・トラン・ブルー」にて。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
眼下には、リヨン駅のプラットフォームが見えます。もともとは、ここから旅立つ人のための食堂でした。

創業 100 年を誇る老舗。正統派のフレンチを体験しました。チーズのセレクションも圧巻です!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
名物のラム肉のローストもいただきました(写真左)。お腹も気分も大満足です!

入った瞬間から、豪華絢爛なバロック様式の空間に圧倒されます。天井や壁にかけられた風景画が、当時の旅を彷彿とさせるようです。映画のロケ場所としても何度も登場しますが、やはり有名なのは、ココ・シャネルが頻繁に訪れていたということでしょうか。ベル・エポックのスタイリッシュな世界を肌で感じることができます。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

わずか 10 日間ではありましたが、ヨーロッパの歴史と伝統を肌で感じながらの体験は、貴重な時間になりました。この経験を、これからの未来に生かしていくことを切に願います。お疲れさまでした。

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2018 現地レポート#7

インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンツェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 6 / 2 月 18 日(日)

6 日目は、自由研修日。オプショナルツアーで「ユーロディズニー日帰り観光」へ参加した学生から画像が届いたので、紹介します!

ディズニーランド・パリといえども、象徴といえば、やっぱりココ!ははずせません。
ヨーロッパ食文化研修2018

モンスターインクの目玉親父とともに!
ヨーロッパ食文化研修2018

ディズニーランド・パリのエントランスです。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
ディズニーを満喫するには、小物アイテムは必須です(^ ^)

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2018 現地レポート#6

インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンチェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 6 / 2 月 18 日(日)

6 日目は、自由研修日。オプショナルツアーで「モン・サンミッシェル日帰り観光」へ参加した学生から画像が届いたので、紹介します!

フランス西部、サン・マロ湾に浮かぶ「モン・サンミッシェル」は、ユネスコの世界遺産にも登録された有名な観光地です。ヨーロッパでも干満の差がもっとも激しい湾として有名で、潮目によっては、歩いていけないこともあった神秘の小島です。今では橋ができ、多くの観光客が訪れています。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

島にある建物の主要部はゴシック様式の造りですが、内部はさまざまな中世の様式が混ざり合っていて、建築に興味のある方にとっては垂涎のスポットではないでしょうか?歴史的にも重要な役割を果たした場所でもあるそうです。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
そんな中、我が調理製菓学科生にとってはずせないのが、そう “ 食 ” です!そして、有名なのが、そうふわっふわのオムレツです!まるでスフレみたいです!

オムレツはもちろん美味しかったですが、それ以外のおすすめも食してみました。どれも、もちろん文句なし!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
いろんな “ 食 ” の味を知ることは、とても勉強になります!

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2018 現地レポート#5

インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンツェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 5 / 2 月 17 日(土)

5 日目は、午前中にヴェルサイユ宮殿と市場を見学し、午後は自由行動の日。オプショナルツアーを満喫した学生もいました!

まずは、フランスの歴史上でも印象的な時代の象徴・ヴェルサイユ宮殿へ。
外観も内部も豪華できらびやか。細かい彫刻やオブジェなど、豊かな芸術性を感じさせてくれます。
学生たちは、宮殿の壮大なスケールと装飾に驚き、ひたすら写真を撮りまくっていたそうです(引率の先生談)。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

フランス語で “ 市場 ” を意味するマルシェ。こういった場所にくると “ 暮らしている気分 ” を味わえますね。
花を売っているのが、何だかフランスっぽい感じがします。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
材も豊かで、そのディスプレイもオシャレな感じ。パリのエスプリを感じますね。

こちらは、オプショナルツアーの「チョコ作り体験」の様子。店の外観も可愛くてお洒落です。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
試食のチョコも、とっても美味しかったです!

こちらは「1ツ星レストラン体験」のオプショナルツアーです。
アミューズから始まる、魚と肉のメイン2品のフルコースを満喫しました!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
シンプルでありながらエレガントさも感じさせる、本場の星付きレストランでのフルコースのフランス料理。
ボリュームもたっぷりで、目にも舌にも大満足のディナーでした。

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2018 現地レポート#4

インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンツェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 4 / 2 月 16 日(金)

4 日目は、フィレンツェを離れ、一路パリへ向かいます。短い滞在でしたが、充実した時間を過ごせました!

最後のフィレンツェでの朝食です。しっかり舌に記憶しておきます!
ヨーロッパ食文化研修2018

朝 9 時 45 分発のエール・フランス航空で一路パリへ!11 時 35 分にはパリへ到着しました!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
EU 内の移動なので、小さなサイズで、タラップで機内へ入りま〜す!

到着後は、すぐ市内観光へ。普段この時期はとても寒いパリですが、到着日はとても暖かく天気にも恵まれました。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
パリといえば、やっぱり “ 凱旋門 ” と “ エッフェル塔 ” ですね。ネットやテレビで見るのとは大違い!やはり、自分の目で実際に見る。その時の気持ちを味わうこと。それが大切なのだと思います。

アルジェリアの TV スタッフに遭遇!一緒に記念写真を撮りました!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
こんなハプニングも、旅の醍醐味です!

夕食は、ルーブル美術館近く、サント・ノーレのレストランで、エスカルゴの食体験です!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

学生たちは、本場での初めてのエスカルゴに、さまざまな反応を見せていたとか。詳しい感想は帰国後のお楽しみ!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

エスカルゴ以外に、サーモンのムニエルと洋梨のチョコレートソースをいただきました。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
パリの初日は、あっという間に過ぎました!

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2018 現地レポート #3

インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンツェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 3/ 2 月 15 日(木)

3 日目は、午前中はフィレンツェの市内観光、そして午後は、少し足をのばしてピサの斜塔を見学に行きました。

こちらは、ホテルでの朝食です。おいしいカプチーノとフォカッチャでエネルギーをチャージして出掛けます!
ヨーロッパ食文化研修2018

フィレンツェといえば、そう “ ポンテ・ベッキオ ” です。市内を流れるアルノ川にかかる、フィレンツェ最古の橋です。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
二階建てになっているのも特徴で、金銀細工の店が並び、観光客で賑やかです。市庁舎からピッティ宮までの 1km の最短ルートでもあります。

こちらは、別名「野外彫刻広場」とも呼ばれる “ シニョーリア広場 ”。ヴェッキオ宮殿の前の L 字型の広場です。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
ミケランジェロの彫刻のレプリカをはじめ、ヨーロッパの芸術を肌で感じることができます。

ヨーロッパ食文化研修2018

次は、こちらも有名な “ ピサの斜塔 ” へ GO!一時は傾斜が増大して倒壊の危機もありましたが、その後の処置により安全性が復活しました。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
補修前は 5.5 度の傾きがありましたが、補修後は 3.99 度に回復したそうです。

内部の階段を登り最上部へ。地上 55.86m、296 段の階段、4m ほど傾いた天井 …。ここを学生たちは足早に、引率の先生方は足腰ガクガクだったそうです(笑
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
日常の中に歴史と芸術が存在し、肌で空気で実感します。もちろん “ 食 ” も!molto buono!

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2018 現地レポート #2

インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンチェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 2 / 2 月 14 日(水)

2 日目は、早速工場見学へ向かいます!フィレンチェから約 200 km離れたパルマへ。そう、ここは、世界的に有名な“パルマハム”と“パルメジャーノ・レッジャーノ”の工場がある地。まずは、チーズ工場からスタートです!

見てください、この巨大なチーズと倉庫を!イタリアでは、資産として数えられるチーズ。まさに圧巻です!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
仕込みから仕上げまでの工程を、わかりやすく説明していただきました!試食もありました!本当に美味しかったです!

次は、当然、パルマの生ハムの工場です。こちらも巨大な倉庫に、巨大なハム?がずらりと並んでいます。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
良質のハムを作る側のこだわりや難しさをじっくりとお話を伺いました。

待ちに待った、パルマの生ハムの試食タイム!作り手の思いもかみしめながら、じっくり味わいました!
ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018
見てください!見るからに美味しそうでしょう!幸せ❤️

チーズと生ハムの工場を見学した後は、またフィレンツェへと戻りました。

夕食は、トスカーナ名物Tボーンステーキの炭焼き、「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」に挑戦!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
ボリュームも、インパクトも大迫力の一品です。やはり、そのものを目の前にすると、受ける印象も異なります。実際に経験することは、大切なことだと実感しました。

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2018 現地レポート #1

インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンツェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY1 / 2 月 13 日(火)

2 月 13 日の昼に関空を出発。パリのシャルル・ド・ゴール空港を経由して、イタリア・フィレンツェへ向かいます!

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
出発の記念に、全員でパシャリ!初めての地へ向かうワクワク感でいっぱいです!

ヨーロッパ食文化研修2018
雲の上は、いつも快晴!機上から見る眼下の景色は、本当にきれいです!

ヨーロッパ食文化研修2018
シャルル・ド・ゴール空港内でのトランジットタイム!

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

約 20 時間の長旅を経て、夜遅く無事現地フィレンツェに到着しました!夜遅い時間だったので、少々お疲れムードではありましたが、学生たちは元気です!チェックインをすませ、明日からの研修に備えます。

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2017 現地リポートNew #8

食事や観光、研修を通してその土地の歴史、風土、芸術を肌で感じ、ヨーロッパの食文化についての理解を深める ヨーロッパ食文化研修
スペイン、フランスを巡り、2 月 25 日(土)に無事帰国しました!
出発から帰国までの様子を、改めてリポートします!

DAY7 / 2 月 22 日

ヨーロッパ研修旅行もいよいよ最終日の前日になりました。
本日は午前はベルサイユ宮殿観光後、フリータイムで夜は最後のディナーをパリでも老舗中の老舗、レストラン・トランブルーにてご馳走になりました。

ヨーロッパ食文化研修2017ヨーロッパ食文化研修2017

ヨーロッパ食文化研修2017ヨーロッパ食文化研修2017

レストラン内での食事風景はまるでベルサイユ宮殿での晩餐会を思わせるほどの豪華さで、大いに雰囲気にひたることができました。

ヨーロッパ食文化研修2017

ヨーロッパ食文化研修2017ヨーロッパ食文化研修2017

ヨーロッパ食文化研修2017ヨーロッパ食文化研修2017

いよいよ明日、帰国です!

Pocket

ヨーロッパ食文化研修 2017 現地リポートNew #7

食事や観光、研修を通してその土地の歴史、風土、芸術を肌で感じ、ヨーロッパの食文化についての理解を深める ヨーロッパ食文化研修
スペイン、フランスを巡り、2 月 25 日(土)に無事帰国しました!
出発から帰国までの様子を、改めてリポートします!

DAY6 / 2 月 21 日

本日はコルドンブルーの料理教室で勉強会です。
デモと試食をまじえて行われる講習を受けました。

ヨーロッパ食文化研修2017

ヨーロッパ食文化研修2017ヨーロッパ食文化研修2017
いつにもまして真剣な表情の学生たち

メニューは …、
☆プティマロンのスープ、カプチーノ仕立て
☆タラのローストにサツマイモのピュレ添え、スパイスの効いたバターソース、ミントのサラダ添え
☆タルトショコラにヘーゼルナッツとアーモンドのカメメリゼ添え

プティマロンとは、オレンジ色のカボチャの事です。

ヨーロッパ食文化研修2017
スープ

ヨーロッパ食文化研修2017ヨーロッパ食文化研修2017
タラのロースト、タルトショコラ

講義の後には、恒例、記念の集合写真撮影!
先生方ともすっかり打ち解けた様子の学生たちでした。

ヨーロッパ食文化研修2017ヨーロッパ食文化研修2017

フランス パリ ル・コルドンブルーよりリポートでした。

Pocket

1 / 612345...最後 »
ページトップへ