管理栄養士にしかできないこと
栄養士との違いについて解説します

「食」を通して人の健康を支える管理栄養士。おいしいだけではなく、相手の年齢や健康状態に沿って必要なエネルギーや栄養素を満たした食事を提供することはもちろん、栄養・食事指導や食育も「食のサポート」に含まれます。
たとえば、病気の患者さんに対しては回復促進、アスリートに対してはパフォーマンス向上を目的とした食事の提供や指導を行います。
人の健康を食と栄養の専門職としてサポートするために必要な資格が、管理栄養士や栄養士です。
今回の記事では、管理栄養士にしかできないことや、管理栄養士と栄養士との違いについて解説します。

管理栄養士をめざす皆さんへ

管理栄養士とは

管理栄養士とは、国が指定した管理栄養士養成校で学び、管理栄養士国家試験に合格することで取得できる国家資格です。
もしくは、栄養士養成校で学び、決められた年数の実務経験を経て国家試験を受験する方法もあります。
管理栄養士が指導できる対象者は、健康体の人だけでなく、傷病者も含まれます。
管理栄養士は、保育所や学校などの給食施設、病院や福祉施設での対象者の状態に合わせた献立作成、アスリートのパフォーマンスを高めるための栄養管理、食品メーカーでの商品開発など、さまざまな仕事に携わっています。

管理栄養士をめざす皆さんへ

栄養士とは

栄養士とは、栄養士養成課程で 2 年以上必要な知識と技術を習得したうえで、都道府県知事に申請することで交付される資格です。
栄養士が指導できる対象者は、健康な人に限られます。
管理栄養士と違い、傷病者を対象に指導することができません。
栄養士の就職先には学校、福祉施設、フィットネスクラブ、食品メーカーなどがあります。
調理が必要な業務に携わる際は、管理栄養士や調理師と連携し、健康をサポートします。

管理栄養士にしかできないこと

ここまでお伝えしてきたとおり、管理栄養士は健康な人に加えて、病気や怪我で治療を受けている人、高齢などの理由で食事を摂り辛い人に対しても指導ができます。
そのため、栄養士よりも高度な専門的知識が必要です。
また、病気や怪我をした患者さんの対応時には、病院で医師や看護師など他の専門職と連携することもあります。
患者さんの容態を確認し、実際に相手と話し合いながら情報を収集し、それを医師に伝えます。
伝えた情報をもとに医師と献立を考案し、患者さんにその献立を提供することで容態の回復をめざします。
管理栄養士は、一人ひとりの健康状態に合わせた栄養・食事管理と指導、食事の提供に関わる全体的な運営管理業務を担います。
加えて、メタボリックシンドロームなど病気になる前の生活習慣の改善指導に携わることもあります。

管理栄養士をめざす皆さんへ

管理栄養士も栄養士も、人に向き合う仕事です。
そのため、コンピュータや AI にはできない、きめ細やかなコミュニケーションや、相手への関心、思いやりが大切です。
また管理栄養士や栄養士の資格を取得するためには、「食」への関心も重要です。
食事を提供する際には、食べる人が前向きに、楽しく食事を摂れるような工夫や配慮が求められ、そのためには食品についての幅広い知識はもちろん、自身が食を楽しむ姿勢、食への探究心が大切になるからです。

おわりに

今回は管理栄養士にしかできないことや、栄養士との違いについて解説しました。
いずれの資格も、取得方法や活躍できる場所に違いはあるものの、食の大切さや正しい栄養の知識を人に伝え、人の健康づくりに役立てるということに変わりはありません。
その上で、より高度で専門的な業務に携わりたい、他業種と関わる機会や活躍のフィールドを広げたいという人は、管理栄養士の資格取得をめざすことをおすすめします。

Communication

コミュニケーション