大阪青山大学の女子ソフトボール部が、関西学生ソフトボール連盟の春季リーグにおいて 1 部リーグ昇格を勝ち取りました。

本学唯一の指定強化クラブとして活動する女子ソフトボール部ですが、2019 年度の春リーグで二部に、秋リーグで三部に降格してからは、その後二部に戻るも、一部には上がれないまま苦しい時期が続きました。
今回念願の一部返り咲きを果たし、意気込みも新たにトップリーグでの戦いに挑むソフトボール部の、キャプテン、副キャプテンに話を聞きました。

キャプテン
屋良 海月 さん 子ども教育学科 4 年次 石川県立門前高等学校出身
副キャプテン
安東 夏帆 さん 子ども教育学科 4 年次 私立大阪信愛女学院高校出身

 

女子ソフトボール部
写真左:副キャプテンの安東さん / 写真右:キャプテンの屋良さん

Q.:現在の女子ソフト部は、どんなチームですか?
安東さん(以下 安):明るく元気なチームです。でも、大事な場面では集中できるメリハリを持っています。
屋良さん(以下 屋):突出した選手がいない分、一人ひとりが自分の役割を理解して、それに徹したプレイをすることができている。そのことが今回の結果に繋がったと思っています。

女子ソフトボール部 女子ソフトボール部
入替戦の様子

Q.:一部と二部の一番大きな違いは何ですか?一部で戦っていく意気込みも聞かせてください。
屋:練習試合などでこれまでも一部のチームと対戦してきましたが、バッターの打球の強さ、ピッチャーの球種のバリエーション、スピード感などにおけるレベルの違いを感じています。
安:とにかくスピードとパワーがあり、これからは今までと違う戦いを強いられるだろうと覚悟しています。自分たちはチャレンジャーとして、持てる力を出し切れるよう練習を積んで行きたいです。

女子ソフトボール部 女子ソフトボール部
接戦の末に勝利をおさめ、試合後は賞状を囲んで記念撮影!

Q.:資格取得に向けた学業との両立、将来のことについて聞かせてください。
屋・安:小学校の先生になるために、教員免許の取得をめざしています。
屋:日々、学修と練習をこなしながら先のことまで色々考えるのは正直大変です。けれど、自分の将来なので、自分で考え、自分で決断しなければということもわかっています。今できることとしては、しっかり授業を受け、提出物を出し、単位を取る。部員一人ひとりの学業成績や学修姿勢が、女子ソフトボール部全体として評価されるということを、常に意識しています。

女子ソフトボール部 女子ソフトボール部
普段の練習の様子。夕方、授業が終った後、バスでグラウンドに移動してから練習がスタートします。

Q.:今後の予定と、今季の目標を教えてください。
屋:次の公式戦は、5 月 29 日から始まる総合予選です。学生だけでなく、実業団やクラブチームの強豪が集って競い合う大きな大会で、各地で予選が行われます。学生リーグとしては、8 月の西日本インカレが大きな区切りとなります。学外実習との兼ね合いで、全員で試合に臨める最後の大会。ぜひここで 1 勝を上げたいです。
安:西日本インカレで勝つことは、大きな目標です。個人としては、ピッチャーとしてチームに勝利をもたらすという役割を、きっちりとこなして行きたいです。
屋:私は、キャプテンとして変わらない姿を見せ、皆に安心を与えたい。どのような状況下でもいつも通りプレイできるよう、精神的にも柱となって、チームをまわしていくことが目標です。
屋・安:そしてもう一つ、秋リーグで一部に残留し、後輩につなげるというのが最後の大きな目標です。

最後は力強く答えてくれた二人。この日も取材後は、バスに乗ってグラウンドのある北摂キャンパスへと向かいました。
比較的日の長いこの時期でも、練習が始まる頃には日は暮れかかっています。
限られた時間の中で、効率を考え、集中力を切らさず、鍛錬を重ねる日々。一部リーグでのよりハイレベルな戦い、ますますの活躍を期待しています!

大阪青山大学 女子ソフトボール部

発 足
2010 年(?)
部員数
28 名(投手 7 名、捕手 3 名、野手 18 名)
所 属
関西学生ソフトボール連盟

Communication

コミュニケーション