管理栄養士として病院で働く
役割や仕事内容、やりがいについて

人々の健康な生活を「食」と「栄養」の観点からサポートする管理栄養士。就職先は病院や学校、スポーツ関連施設、保健所、保育所、高齢者福祉施設など多岐にわたります。
その中でも、病院や診療所などの医療機関は、管理栄養士の専門性が活かせるとして人気が高い職場です。
今回は、病院で働く管理栄養士の役割や仕事内容について紹介します。

管理栄養士をめざす皆さんへ

管理栄養士の病院での役割について

病院では入院・通院患者さんの健康を食や栄養の観点から管理・改善指導するために、管理栄養士が必要です。
管理栄養士は病院で、以下のような業務を担っています。

食の提供

患者さん一人ひとりに最適な栄養を提供できるよう、病状や体調に合わせた献立作成を行います。
また、食材の発注に関わる業務、機器のメンテナンスなど、調理現場全体の管理を任されることもあります。

食の管理・指導

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)の一員として、医師や看護師、薬剤師などの専門職との連携のもと、患者さんの栄養面での管理、ケアを行います。
生活習慣病の改善等を目的とした各種教室の企画、実施を行うこともあります。

管理栄養士をめざす皆さんへ

法律の観点から

病院への管理栄養士の配置は医療法により定められており、医療法では特定機能病院へ管理栄養士を 1 名以上配置しなければならないと決められています。
患者さんの回復に必要な栄養指導を行うため、管理栄養士は必要不可欠の存在であるといえます。
[出展:厚生労働省ホームページ]

病院で働く管理栄養士に必要なもの

管理栄養士をめざすうえで、まず必要なのは “食を通して人の幸せに貢献したい” という思いです。
人への関心、食への関心、健康な世の中をつくりたいという思いを持っていることが、食と栄養を通して人の健康を支える職業の土台となります。
そのうえで、どのようなスキルや能力を伸ばして行けば良いのか、考えてみたいと思います。

コミュニケーションスキル

病院の管理栄養士は、幅広い年代、さまざまな病状、異なる生活環境の患者さんとコミュニケーションをとります。
一人ひとり異なる状況をしっかりヒアリングし、的確に伝わる方法でアドバイスするためのコミュニケーションスキル=表現力、対話力がとても重要となります。

人の体の専門知識

傷病者(怪我や病気の人)を対象とした栄養管理の実践を学ぶ臨床栄養学の知識は、医療現場で働く管理栄養士には特に必要とされるものです。
他にも、人体の構造や機能について学ぶ解剖生理学、病気の原因から診断、治療までの基本的な考え方を学ぶ病態生理学などから得られるさまざまな専門知識を活かして業務にあたります。

マネジメント能力、協調性

調理現場においては、調理師など異なる専門職の人たちを束ねる役割を担うこともあります。
管理栄養士には、日々の調理業務から各種メンテナンスまで、チームのリーダーとして多方面に目を配りながら現場を回していくマネジメントスキルも求められるのです。
また、病院での管理栄養士の仕事は、医師や看護師など医療従事者との協働となります。
互いの専門性や方針を理解し合うため、さまざまな考え方を認め、協調しようとする姿勢が大切です。

病院での仕事のやりがい

食は健康の基本であり、医療行為の成果を上げるにも、健康的な食に培われた体が基本となります。
そのため、個々の体の状況に合わせて栄養を考え、食事を管理することは、患者さんの治療のプロセスの一環であり、とても重要なことなのです。
病院での管理栄養士の仕事は専門性が高く、学んだ知識を幅広く活かして働ける環境であるといえます。
専門性を活かして人の健康に貢献しているという実感は、大きなやりがいにつながるでしょう。

管理栄養士をめざす皆さんへ

おわりに

今回は、病院で働く管理栄養士の役割や仕事内容について紹介しました。
病院での管理栄養士の業務仕事としては、患者さんへの栄養指導をはじめ、献立立案、調理、食材発注、調理現場の管理など、さまざまな「食」に関する業務が該当します。
栄養の観点から人々の健康改善に携わりたい、医療機関で働きたいと考えている人は、管理栄養士の資格を取得したうえで病院への就職を検討してみてはいかがでしょうか?

Communication

コミュニケーション