管理栄養士の資格をめざす!
大学で学ぶことをまとめました

子どもたちの発達に応じた献立を立てたり、アスリートへの栄養指導をしたりと、さまざまなフィールドで活躍する管理栄養士。
対象となる相手の健康状態、生活環境、社会環境などを踏まえて、適切に栄養・食事管理を行う必要があります。
そのためには、栄養学はもちろん、食品や人体、経済や食文化等に関する幅広い知識が必要となります。
今回は、管理栄養士の資格を取得するために4年制大学(管理栄養士養成課程)では、どのようなことを学ぶのか、必要な知識や 4 年間の学修の流れについて説明します。

管理栄養士をめざす皆さんへ

大学で学ぶこと

管理栄養士の資格取得がめざせる大学では、厚生労働省の指針に従って学ぶ内容が編成されています。
授業は必修科目が多く、実験や実習も豊富です。
4 年間を通じて食と人の健康の関係性を理解し、社会に出て幅広く活躍できるように授業内容が工夫されています。
ここでは、大学で学ぶ科目の一部をご紹介します。

基礎栄養学

栄養学全般の基礎として、健康と栄養の結びつきを理解する科目です。
タンパク質やビタミンといった栄養素がどの食品に入っており、どのように体内に吸収され、どのような効果があるのかなどを学びます。

食品衛生学

菌の繁殖や付着する菌の種類など、食品の安全性について学びます。
ここで得た知識は、保健・医療・福祉などの場で活かされ、安全かつ最適な状態での食事指導、食品提供を行うために必要となります。

臨床栄養学

病院で働く管理栄養士が傷病者を対象に行う栄養管理やマネジメントについての、土台となる知識を学びます。

解剖生理学

人体の構造や機能、栄養摂取との関連について学びます。
食べ物の栄養管理ではなく、人の栄養管理を行う管理栄養士にとって欠かせない人体への理解を深める授業です。

食品学

食品の主要成分である五大栄養素の特性など、食品中に含まれる各成分を理解します。
また、食品の嗜好に関わる色、味、香り、物性についてや、調理、加工、保存による成分の変化、食品の機能性についても学びます。

調理学

食材別の調理方法、調理器具の名称や使用方法など、調理関係全般を学びます。
調理に必要な調理特性や食品の調理特性について、科学的に学ぶことで、献立作成時にどのような料理の組み合わせが良いのかを考えることができます。

給食経営管理論

特定多数の人に対して食事を提供する「給食」について、栄養・食事管理に必要な知識と、業務を円滑にマネジメントするための基本な知識と技術を学びます。

管理栄養士をめざす皆さんへ

4 年間の学びの流れ

管理栄養士の資格取得に向けて、年次ごとに学びを積み上げていきます。
低年次では基礎となる知識を修得し、高年次ではより専門的な知識を身につけ、さらにそれらを実践で活用するための技術を磨いていきます。
学ぶ科目は厚生労働省の定めるガイドラインに沿っており、管理栄養士養成課程であればどの大学に進んでもそれほど大きな違いはありません。
そのため、それぞれの大学では、決められた科目を「どのように学ぶのか」がポイントとなってきます。
大阪青山大学では、以下 ↓↓ のような流れで段階的に知識、技術を修得し、管理栄養士の取得をめざします。

1 年次

人々の健康を守るため、栄養や医療の基礎を学びます。
2 年間にわたる「調理学実習」で専門的な知識・技能を身に付けるなど、初年次から早くも栄養と食の専門の授業が始まります。

2 年次

管理栄養士としての専門性を高めるために、より実際的な科目が増えていきます。
「生化学」「公衆衛生学」「応用栄養学」など専門的な実験や実習が本格的に始まり、栄養や医療に関する知識を学んでいきます。
また運動生理学の講義・実習に加えて、スポーツと栄養のかかわりについてもこの 2 年次で学修します。
大阪青山大学はコース制を敷いているため、コース別の授業も始まります。

3 年次

「臨床栄養学」や「公衆栄養学」などの授業を通して、より高度な知識について理解を深めます。
「栄養教育論」では栄養に関する実践的な教育手法等を学び、「給食経営管理実習」では大量調理に取り組みます。
病院や事業所、保健所などでの臨地実習(学外実習)を経験し、実践的な学びを深めます。

4 年次

栄養評価や栄養マネジメント、栄養教育を行うために必要な能力を伸ばしたり、卒業研究の学修を行ったりします。
管理栄養士の国家試験対策も大詰めの段階です。
日々の学修に就職活動、試験対策とバランスよく取り組むことが求められます。

管理栄養士をめざす皆さんへ

おわりに

今回は管理栄養士の資格取得のために大学で学ぶ内容を説明しました。
大学では栄養学はもちろん、食品衛生学や調理学、解剖生理学など多岐にわたってあらゆる分野を学修します。
栄養指導を行う相手は一人ひとり異なる人間であり、個々の対象者にあった指導内容を考える必要があるためです。

4 年制大学では低年次で基礎を固め、学年が上がるごとに実践や応用を中心とする学びへとステップアップしていきます。
4 年間の大まかな流れは同じですが、管理栄養士以外に取得できる資格や、栄養・食の関連分野のなかでも追究できる専門性が異なってきます。
また、学生数や設備面など、どのような環境で学ぶか、という点においても大学ごとに特徴が見られます。
そのため、自分にあった環境で学べる大学を見つけることが大切です。
もしも判断が難しい場合はオープンキャンパスや見学会などのイベントに参加し、在学中の先輩に話を聞いてみるのはいかがでしょうか?

Communication

コミュニケーション