管理栄養士の活躍のフィールドは?
仕事内容についても紹介します

人々の生活を「食」の観点から支える管理栄養士。
食と栄養のスペシャリストとしてさまざまなフィールドで活躍しています。
今回は、管理栄養士が活躍している就職先、および仕事内容についてご紹介します。

管理栄養士をめざす皆さんへ

管理栄養士の資格を活かせる仕事

食と栄養に関する専門知識と技術を生かし、人の健康を支える管理栄養士。
就職先は病院や学校、高齢者向けの介護施設のほか、フィットネスクラブや食品メーカーなど多岐にわたります。

病院・医療施設

入院患者への病気別の指導など、チーム医療の一員として、患者一人ひとりに合わせた栄養管理・食事指導を行います。
病状は人それぞれ異なるため、医師や看護師と連携を取りながら一人ひとりに最善の食事を提供し、健康状態の改善に向けた指導をすることが業務となります。

保育所・学校など

保育所・幼稚園・小・中学校など、育ちざかりの子どもたちの食事を支えるのも管理栄養士の仕事のひとつです。
調理師と連携して給食の献立を考えてベストな給食を提供。食のマナーや食文化、食品ロスなどについて伝える食育も行います。

介護施設・社会福祉施設

介護施設や社会福祉施設に提供するための、食べやすい、かつ栄養がとれる食事を考えるという仕事もあります。
医療関係と同様、一人ひとりにあった食事を検討、提供する必要があるため、食べ物の大きさや流動性(飲み込みやすさ)なども考える必要があります。

研究機関

食や栄養の知識を活かして栄養面だけでなく、企画商品開発や研究開発に携わります。
栄養の面からはもちろん、市場調査・マーケティングにも取り組んで、商品価値の向上に貢献します。
新しい味を生み出すため、原料選びから関わって、試作・改良を繰り返すことも。自身が携わった商品を世の中に送り出せる、やりがいがある就職先です。

フィットネスクラブ・スポーツチームなど

スポーツに取り組む人に寄り添い、食事面で活動をサポートします。
食事はスポーツによる健康増進やパフォーマンスの向上にも深く関わっています。
スポーツにおける管理栄養士は、相手の体格や体質、体調、運動量などから適切な栄養摂取を導き出し、個々の目標到達をサポートします。

管理栄養士をめざす皆さんへ

「栄養士」との違い

管理栄養士と同系統の資格として、栄養士があります。
いずれも、これまでに説明した施設で働くことができますが、どのような違いがあるのでしょうか?
管理栄養士は厚生労働大臣の免許を受けた国家資格で、主に病気を患った人や高齢者など、個別の対応を必要とする人たちの食事を提案・指導・管理する立場となります。
一方で、栄養士は都道府県知事の認可を受けた資格で、主に健常者を対象とした食事の提供を行います。
管理栄養士は栄養士よりも仕事の幅が広く、より専門的な知識が必要となる場合が多いです。

管理栄養士 栄養士
業務 主にの栄養管理 主にの栄養管理
栄養指導員(行政機関) 就任できる 就任できない
医療施設 栄養食事指導料算定が可能
※ NSTメンバーとして活躍
算定できない
特定健診・保健指導 就業できる 範囲を限定して就業できる
資格手当(給与に反映) つく場合が多い つかない場合が多い

※ NST:Nutrition Support Team 医師、管理栄養士、薬剤師、看護師等がチームを組み、主に病院内での栄養管理をそれぞれの専門分野から実施する組織。医療を効率的に運用し、患者のQOL(生活の質)を向上させることを目的とする

管理栄養士をめざす皆さんへ

おわりに

今回は管理栄養士が活躍する就職先や仕事内容、関連する資格である栄養士との違いについてふれました。
管理栄養士は医療関係や食品メーカー、教育機関、社会福祉施設のほかスポーツ関連施設などさまざまなフィールドで活躍しています。
管理栄養士という資格があれば、栄養と食のプロとして、こうした幅広い世界に関わることができるのです。
体が不調な人を助けたい、子どもたちに食の大切さを伝えたい、トップアスリートにより良い記録を出してほしいなど、それぞれの目的をかなえることができます。
また、管理栄養士は栄養士よりも広い範囲の業務に携わることが多く、文字通り栄養管理の立場に立つことがあります。
ケースバイケースになりますが、管理栄養士のほうが栄養士よりも多くの仕事に携われる傾向にあるため、より専門的な仕事に挑戦したい方は、管理栄養士をめざしてみてはいかがでしょうか?

Communication

コミュニケーション