手作りパンとポタージュを販売しました

12 月 4 日、湘南ベルマーレとのマッチが開催されたパナソニックスタジアムで、健康栄養学科の学生が、ブースを出展しました。
パートナーシップ契約を結ぶガンバ大阪とのコラボ活動として、2018 年にリニューアルスタートした「ガンバ大阪連携プロジェクト」の一環として、今シーズン 2 度目の実施となりました。
スポーツ栄養の分野に関心を持つ 2、3 年次の学生らが企画・運営に関わり、イベントを実施しました。

ガンバ大阪応援プロジェクト #4

・実施日時:2021 年 12 月 4 日(金)11:00 〜 15:00
・イベント:体組成測定、手作りパンとピーマンポタージュの販売
・実施場所:パナソニックスタジアム吹田 場外ブースエリア
・参加学生:健康栄養学科 2、3 年次学生

前回とは打って変わって寒い中での実施となりました。
試合開始を待つサポーターの方々に、体の中から温まってもらおうという思いから、野菜のポタージュを発案しました。

ガンバ大阪プロジェクト ガンバ大阪プロジェクト

ポタージュは、おいしいだけでなく栄養価の高いものを提案しようと考えました。
冷えを予防する効果があり、かつ普段捨てている種とわたに着目し、ピーマンのポタージュに決めました。
ピーマンは苦手な方も多いと考え、嫌いな人でも食べられる工夫として、カップの底にカボチャのポタージュを潜ませました。
混ぜるとピーマンの臭みがなくなり、カボチャポタージュに変身します!
熱々のものを提供しました。

ガンバ大阪プロジェクト ガンバ大阪プロジェクト

パンは、カレーやツナマヨなど 4 種類を考案。味付けはカツオ出汁で、風味付けには大学の地元箕面産のゆずを使いました。
本来なら捨ててしまう二番出汁を効果的に使うなどして食品ロスにも考慮した一品です。
この日、用意した 8 トレー分が完売しました。

ガンバ大阪プロジェクト ガンバ大阪プロジェクト

寒い中でしたが、裸足で行う体組成測定にも多くの方が参加してくださいました。
実施後にはアンケートにお答え頂き、パンやスープにもたくさんの感想が寄せられました。

ガンバ大阪プロジェクト ガンバ大阪プロジェクト

学外に出て、子どもを含む幅広い年齢層の方々と関わり、データやご意見を頂けたことは学生らにとっても大変貴重な実習経験となりました。
ご参加くださったサポーターの皆様、チーム関係者の皆様、本当にありがとうございました!

Communication

コミュニケーション