幼稚園教諭になるには?どこで学ぶ?

「幼稚園教諭をめざす皆さんへ」第二弾です。
前回の記事では、幼稚園教諭は子どもと接しながら日々の成長を支え、見守ることができる、とてもやりがいのある仕事だということをお伝えしました。
しかし、幼稚園教諭をめざすにあたり、必要な資格や資格の取得方法がよく分からないという方も多いのではないでしょうか?
今回は、幼稚園教諭になるために必要な資格や幼児教育・保育を学べる学校について説明します。

幼稚園教諭をめざす皆さんへ

幼稚園教諭になるには?

幼稚園教諭になるには、幼稚園教諭免許状が必要です。
免許状は文部科学省が認定した幼稚園教諭養成課程で、所定の単位を履修することにより、卒業と同時に取得することができます。
今回は、4 年制大学、短大、専門学校の各養成課程について、それぞれの違いを説明します。

短期大学・専門学校

幼稚園教諭二種免許状を取得することができます。
免許取得を目標に 2 年間集中的に学びます。
すぐに現場で活躍したい人にはこちらが選ばれています。

4 年制大学

幼稚園教諭養成課程で学位を取得することで、幼稚園教諭一種免許状を取得できます。
一種、二種と免許状の種類によって仕事内容に違いがでることはありません。
しかし、一般的には一種免許取得者の方が、二種免許取得者よりも給与が高めであるなど、待遇面で違いがでることがあります。
また園長などの役職に就くには二種ではなく一種免許を取得しなければなりません。
そのため、将来的なキャリアアップを見据えて 4 年制大学に通う人もいます。

幼稚園教諭をめざすために大学で学ぶメリットとは?

幼稚園教諭をめざす皆さんへ

それでは、大学で学ぶメリットとして何があるのかを見ていきましょう。

幼稚園教諭として必要な知識・技術をより深く学べる
ピアノなどの楽器演奏に自信がない方や、自分の好きをもっと伸ばしたい方は、4 年間の時間のなかで確かな技術を身につけ、学びを深めることができるのは大学の大きな魅力です。

専門性 +αの知識を身につけることが可能
大学では一般教養やその周辺分野の科目なども充実しており、幼児教育・保育に関する専門性 +αの知識を身につけることが可能です。
また、子どもの貧困、虐待やいじめの問題、発達障がい児への理解・支援などについても学ぶことができ、多様な家庭や子どもに対応できる実践力・応用力も磨けます。

幼稚園教諭だけでなく、より多くの資格取得をめざせる
幼稚園教諭養成課程の 4 年制大学には、幼稚園教諭の免許と合わせて、保育士や小学校教諭の資格・免許もめざせるようにカリキュラムが編成されている大学もあります。
短期大学や専門学校に比べ、より多くの資格を取得することができるため、就職先の幅が広がるということも大きな特徴です。
その他、履修科目が豊富なので、社会福祉主事、准学校心理士などの関連資格を取得することもできます。

幼稚園教諭に求められる人物とは?

幼稚園教諭をめざす皆さんへ

幼稚園教諭に求められる人物像としては、第一に「子どもが好きである」ということが挙げられます。
また、ただ子どもが好きなだけでなく、子どもの将来に大きな影響を与える立場であるという強い自覚と責任感をもって仕事に臨めるかどうか、も重要なポイントです。
技術面ではピアノ演奏や造形の指導などにおいて、一定のスキルが必要とされますが、これらは養成課程での 2 年ないし 4 年間の学びの中でしっかりと身につけられるように各校でカリキュラムが組まれているため、進学前の自身のスキルに不安があっても心配する必要はありません。
子どもと共に自分自身も成長していこうとする姿勢や、共に教育に取り組む先生、子ども、その保護者との間で信頼関係を築けるような、コミュニケーション能力が求められます。

おわりに

今回は幼稚園教諭になるために、学ぶ場所の選択肢について説明しました。
幼稚園教諭をめざすには、文部科学省が認定した、免許取得が可能な養成校で必要な知識・技術を得る必要があります。
具体的には、4 年制大学や 2 年制の短期大学、専門学校で指定科目を履修することで取得が可能です。
4 年制大学で学ぶメリットには、幼稚園教諭一種免許状の取得のほか、専門知識に加えて一般教養を身につけられること、また保育士、小学校教諭など他の資格取得も可能な点が挙げられます。
選択する科目によって、さまざまな資格を取得できる点は非常に大きなメリットであるといえるでしょう。
幼稚園教諭に向いている人としては、ただ子どもが好きなだけでなく、子どもの将来に影響を与えるという自覚と強い責任感をもって仕事に臨める人が挙げられます。
子どもが好きで、かつさまざまな知識と資格を身につけたい方は、4 年制大学を選択してみてはいかがでしょうか?

Communication

コミュニケーション