管理栄養士になるには?
大学、短期大学、専門学校の違いとは?

要介護者や傷病者、成長期の子どもからアスリートまで、幅広い対象者に向き合い、栄養のバランスが取れた献立の作成や、食育、栄養指導などを通して健康を支える管理栄養士。就職先も教育機関や病院、福祉施設や食品メーカーなど幅広い選択肢が挙げられます。
そんな管理栄養士ですが、どのような学校に進めばその資格を取得することができるのでしょうか?
今回は、管理栄養士の資格を取得できる進学先について説明します。

管理栄養士をめざす皆さんへ

管理栄養士をめざすための進学先

管理栄養士になるには、国家資格が必要です。
資格の取得には、管理栄養士養成課程を持つ教育機関に進むことが早道です。
管理栄養士ではなく、栄養士養成課程に進んだ場合も就学や実務の経験があれば管理栄養士の資格を取得することができます。

管理栄養士養成課程 大学、専門学校
栄養士養成課程 大学、短期大学、専門学校

ここでは、大学、短期大学、専門学校それぞれの違いについて説明します。

管理栄養士をめざす皆さんへ

大学

1. 学位を取得できる
4 年制大学を卒業すると「学士」という学位が与えられます。
就職先によっては大学で取得できる「学士」と短期大学や専門学校で取得ができる資格を差別化し、初任給等に反映させているところもあります。
また、文部科学省が認定する称号である「専門士」「高度専門士」とは異なり、学士は国際的に認知されているものです。
そのため、近年では大学へ進学して管理栄養士をめざす学生が多いようです。

2. 在学中に国家試験受験資格を取得できるカリキュラム
大学の場合、管理栄養士養成課程としてのカリキュラムが設けられており、それらに沿って学ぶことで管理栄養士の資格取得に必要な知識と技術を身につけることができます。

3. 関連する専門資格・免許の取得が可能
また、4 年制大学では、栄養教諭や食品衛生監視員・管理者など、あわせて取得できる専門資格の幅が広がり、卒業後の働き方の選択肢も豊富になります。

4. 一般教養科目や、学部・学科を横断した学びが充実
また、大学では専門的な学びに加えて一般教養も学ぶことができるので、自身の見聞を広げることができるという点も大きな特徴と言えるでしょう。

短期大学・専門学校

管理栄養士になるための選択肢として、短期大学や専門学校も挙げられます。
こちらは栄養士養成施設の認定を受けた 2 年制、3 年制の学校です。
短期大学・専門学校で管理栄養士の国家資格取得を目指す場合、栄養士の免許を取得し、卒業後指定された年数の実務経験が必要となります。
2 年制の学校の場合は実務経験が 4 年以上、3 年制の学校の場合は 3 年以上の実務を積む必要があります。

学校の選び方

管理栄養士をめざす皆さんへ

管理栄養士の資格を取得するには、どのような学校に進学すればよいのでしょうか?
合格率の傾向を見ると、在学中に管理栄養士の資格を取得することができる管理栄養士養成課程の「4 年制大学」(一部専門学校)が圧倒的に高く、そのためか多くの高校生から進学先に選ばれています。
ほかにも、大学の特長として、学位の取得、一般教養も含めた幅広い学び、異なる分野の学生・先生との交流などが挙げられます。

栄養士養成課程の短期大学や専門学校に進学した場合、卒業後に栄養士の実務経験を積む必要があります。
実務と並行して試験勉強を行わなければならないため一定の負担がかかります。
どちらが良いか迷われている方は、管理栄養士養成施設の認定を受けた学校のオープンキャンパスに参加し、学校の雰囲気を感じてみたり、気になることを質問をしてみたりするのも良いでしょう。

おわりに

今回は管理栄養士の資格を取得できる学校の種類について説明しました。
管理栄養士の国家試験受験資格を在学中に取得できる管理栄養士養成課程の4年制大学は、合格率も高い傾向にあります。
栄養士養成課程の短期大学や専門学校も選択肢として挙げられますが、こちらの場合、卒業後に実務と並行して国家試験の勉強を行う必要があります。
そのため、傾向としては大学に進学する方が多いと言えます。
大学や短期大学・専門学校の雰囲気が知りたいという方も多いと思いますので、各学校のオープンキャンパスや見学会などのイベントに参加し、雰囲気を体感すると同時にその学校の先輩に質問をしてみることをおすすめします。

Communication

コミュニケーション