健康栄養学科の学生が考案したアイディアレシピが、本学と包括連携協定を結ぶ兵庫県川西市の広報誌に掲載されました。

これは、4 年次の必修科目である「地域栄養活動実習」の取り組みの一環として行われたもので、『地域の健康課題を改善する企画の考案』をテーマに、健康栄養学科 4 年次生の森川 瑚都子さんが考えたものです。
森川さんは、川西市民の改善したい栄養課題として、“ 1 日 3 食きっちり食べる ” “ 野菜をたっぷり食べて健康的な体に ” を設定。さらに白菜、大根、ゆずなどの冬の味覚を取り入れるという川西市からの依頼を受け、それらの食材を盛り込んだヘルシーメニューを提案しました。

華やかシューマイ -ゆずポン酢添え-

◯ 材料 15 個分

【具材】

シューマイの皮
30 枚
豚ひき肉
100 g
玉ねぎ
中 1 個
白菜
70 g
片栗粉
大さじ 2

【調味料】

しょうゆ
小さじ 2
砂糖
小さじ 2
ごま油
小さじ 2
鶏がらスープの素
小さじ 1/2
おろししょうが
ひとかけ
塩・コショウ
各少々

【薬味】

小口切りの青ネギ
5 本分
おろし大根
200 g

【タレ】

ポン酢
1/4 カップ
ゆず
1 個

| 作り方

1. 玉ねぎと白菜をみじん切りにして片栗粉をまぶす
2. シューマイの皮を細く切る
3. ゆずを半分に切り、果汁を絞ってポン酢と合わせる
4. 飾り用のゆずの皮(適量)を千切りする。
5. 豚ひき肉と調味料を混ぜ合わせる。粘りが出たら玉ねぎと白菜を混ぜ合わせる。
6. 5 を 15 等分し、シューマイの皮を付け丸める
7. 6 を中火で 10 分程、蒸し器で蒸す
8. 器に 7 と薬味を盛り付ける。ポン酢をつけて食べる

1 日 3 食きっちり食べるためには、忙しくても簡単に作って食べられることが重要と考え、皮で包む工程をまぶす作業に置き換えるなどして時間短縮を工夫しました。
シンプルな料理ですが、調味料にゆず果汁を加える、薬味を添えるといったちょっとした一手間で特別感を演出でき、食事が楽しくなる一皿です。
冬野菜の栄養がたっぷり詰まった一皿。レシピを考案した森川さんは「最後にフライパンで炒め、こんがりさせてから食べるのもおすすめです。ぜひこれからの季節に試してみてほしい一品です」とコメントしてくれました。

Communication

コミュニケーション