1998 年に調理師養成施設として認定されて以来、20 余年にわたり調理師、製菓衛生師の養成を続けてきた、大阪青山大学短期大学部 調理製菓学科が、2020 年度をもってその歴史に幕を下ろします。
調理製菓学科 調理コースでは、12 月 9 日、最後の在学生となる現 2 年次生が、「レストランAOYAMA」で食事を提供する最後のランチ営業を行いました。

調理コースレストラン実習 調理コースレストラン実習

調理コースの学生は、2 年次になると「レストランAOYAMA」で作った料理をランチタイムに販売し、レストラン経営のシミュレーションを通して実践スキルを磨きます。
旬の食材をふんだんに取り入れ、多彩な調理法を用いてさまざまに趣向を凝らした和洋中の料理を、毎回楽しみにしている学生・教職員もたくさんいました。
この日は、実習を通して手際も調理技術も格段にアップした学生らが、グランドファイナルを飾るにふさわしい特別なメニューを、アイディアを出し合って考えました。

    メニュー

  • 帆立貝とスモークサーモンのガトー仕立て カレー風味
  • クリスタルコンソメスープ
  • 鴨のローストと牛肉のパイ包み焼き 〜 冬野菜を添えて
  • 柚子ミルクジェラート、ガトーショコラ
  • バケット

魚介やお肉、野菜などの食材一つひとつにこだわり、ソースや生地も全て丁寧に調理しました。

調理コースレストラン実習 調理コースレストラン実習

調理コースレストラン実習 調理コースレストラン実習

来てくださったお客様を前にメンバー全員で最後の挨拶を行い、それぞれの料理に込めた思いや、これまで学びを支えてくれたことへの感謝の気持ちを述べました。

調理コースレストラン実習 調理コースレストラン実習

例年であれば実習の集大成として家族など親しい人をお招きして料理を振る舞うところ、今年は感染拡大を懸念して、学内教職員だけを対象とした通常営業となりました。
コロナ禍に翻弄され、実習も行事も大きく制約を受けてきた短期大学部のラストイヤー。さまざまな感染予防対策が求められ、例年にはない苦労を重ねてきましたが、学生らの今後にとっては価値ある経験でもありました。
逆境の中で前向きに、目標に向かって懸命に学んできた学生らに対し、教職員もまた感謝の思いを胸に、レストランでのひとときを楽しみました。

調理コースレストラン実習

 

なお、レストランAOYAMA では、健康科学部 健康栄養学科の学生が 2021 年度以降も実習・ランチ販売を行います。

Communication

コミュニケーション