11 月 10 日(火)と 17 日(火)の二日間、本学附属の青山幼稚園より年長組の園児約 150 名が箕面キャンパスにやって来ました。
学内の調理実習施設「レストランAOYAMA」を利用して、健康栄養学科 2 年次の学生たちが料理を作り、テーブルマナー講習を実施します。

食事の席の密を避けるため、今年は食事をするグループを二つに分けて食事を提供。学生らは、一日に 2 回転というこれまでになく忙しいレストラン営業となりました。

青山幼稚園テーブルマナー青山幼稚園テーブルマナー

メニューは手作りハンバーグをメインにした豪華なフルコース。スープに始まり、おかわり自由の焼きたてパン、メインの後にはデザートまでつきます。
学生らは朝早くから実習室で準備にかかり、一日あたり約 120 食を用意しました。

青山幼稚園テーブルマナー青山幼稚園テーブルマナー

メインはボリューム満点のハンバーグステーキ。キノコや玉ねぎなど野菜たっぷりのソースも丁寧に手作りしました。
星型にくり抜かれた人参などをカラフルに並べた付け合わせは、野菜が苦手な子どもでもつい口に運びたくなる可愛らしさです。

青山幼稚園テーブルマナー青山幼稚園テーブルマナー

ハンバーグの形成、野菜のカット、デザートの準備 … 各々が持ち場について手際よく作業を進めます。

青山幼稚園テーブルマナー青山幼稚園テーブルマナー

パンはアレルギー対応のため卵を使っていません。ふっくらと美味しそうに焼きあがりました。
ゼリーはプルプルの食感です。

青山幼稚園テーブルマナー青山幼稚園テーブルマナー

日頃何気なく使っているナイフやフォークの正しい使い方や、椅子の座り方、パンの食べ方など西洋料理の基本的な作法を知ってもらおうというこのプログラム、健康栄養学科の学生らが前に出てお手本となり、分かりやすく講習しました。
ナフキンも、一人ひとりに手渡しながら、正しい使い方を教えます。

青山幼稚園テーブルマナー青山幼稚園テーブルマナー

子どもたちは、この日の食事のために日頃から園で使っている手作りの飛沫防止パーテーションを持参。食事する場所が変わっても、普段の心がけ通りしっかりと感染症対策を行いました。

青山幼稚園テーブルマナー青山幼稚園テーブルマナー

フォーマルな場での食事経験は少なくても、とにかく飲み込みが早い子どもたち。学生のアドバイスをすぐに理解し、ナイフとフォークを上手に使ってお行儀良く食事をしていました。

青山幼稚園テーブルマナー青山幼稚園テーブルマナー

一通りの説明を終えた後、学生らは各テーブルをまわって食べ方のアドバイスを行いながら子どもたちとコミュニケーションをとるなど、食育の現場を実践的に体験しました。
今年は密と接触を避ける中での実施となり、会話もフェイスシールド越しとなりましたが、笑顔でやり取りを交わす姿があちらこちらで見られました。
お腹いっぱいになった子どもたちは元気いっぱいにバスで帰路に。学生・園児双方にとって大変楽しく有意義なひとときとなりました。

Communication

コミュニケーション