去る 8 月 5 日、大阪青山大学図書館の主催で、学生選書ツアーを実施しました。
この選書ツアーは、学生たちがより良い図書館の環境を保つという当事者意識を持ち図書館の有効活用につなげて行くことを目的に、今年度から実施する取り組みです。
大学・短期大学部の各学科から、計 9 名の学生が参加しました。

実施日
2019 年 8 月 5 日
行き先
紀伊国屋書店 グランフロント大阪店
参加学生
大学 健康科学部 健康栄養学科 2 名・看護学科 1 名
短期大学部 調理製菓学科 調理コース 5 名

選ばれた書籍は秋頃より徐々に納品され、並行して学生らは自らが選んだ書籍を PR するポップの作成や、ディスプレイの検討を進めてきました。
このほど全ての書籍と紹介文が揃い、栄養、保育・教育分野の書籍を中心に所蔵するメディアセンターには、健康栄養学科学生による選書が、食や料理、医療・看護分野に関連する書籍を中心に所蔵する図書室には看護学科、調理製菓学科学生による選書が並びました。

メディアセンター

オープンキャンパススタッフ A.R.S. オープンキャンパススタッフ A.R.S.

健康栄養学科の学生は、栄養と食にまつわる書籍を多彩な分野から集めました。
生化学や解剖学など、苦手科目を分かりやすく解説した書籍も人気のようです。

図書室

オープンキャンパススタッフ A.R.S. オープンキャンパススタッフ A.R.S.

調理製菓学科の学生によるラインナップは、食べ物をモチーフにした小説から美しい写真に彩られた料理本まで …、見た目にも鮮やかなディスプレイになりました。

自分たちで蔵書を選ぶこと、また、自分と同じ学生が選んだ本を手に取ることが、学生たちにとって図書館をより身近に感じるきっかけになるのではと期待されます。
図書館運営に携わる教職員にとっても、利用者である学生たちのニーズを把握する有意義な機会となりました。
選書ツアーは、2020 年度も同時期に実施する予定です。

Communication

コミュニケーション