去る 12 月 18 日・19 日の二日間、調理製菓学科 調理コースの 2 年次学生が、学内実習施設「レストランAOYAMA」で最後のレストラン実習を行いました。
この日の実習は、レストランにご家族の皆さんを招待して料理を振る舞う試食会という形で実施。短期大学部での学びを通して身につけたものの集大成をお見せすると同時に、2 年間の学生生活を支えてくださったことへの感謝の気持ちを伝えました。

レストランAOYAMA レストランAOYAMA

調理コースの学生は、2 年次になると「レストランAOYAMA」で作った料理をランチタイムに販売し、レストラン経営のシミュレーションを通して実践スキルを磨きます。
旬の食材をふんだんに取り入れ、多彩な調理法を用いてさまざまに趣向を凝らした和洋中の料理は学生・教職員にも人気が高く、毎回約 100 食を完売しています。
仕入れから下処理・調理・販売まで、運営のすべてを学生が担うこの実習。年度当初は何もかも手探りでしたが、今では手際も調理技術も格段にアップしました。

18 日はカフェクラスの学生が日本料理を、19 日は技術クラスの学生が西洋料理を、それぞれのご家族にご用意しました。
いずれもメニューの細部まで、学生らがアイディアを練って作ったこの日のための特製ランチです。

| 18 日のメニュー |
柔らか卵豆腐 旨出汁 いくら、叩きオクラ、柚子
焼き椎茸とかに みぞれ和え
海老真丈 小芋、法蓮草、柚子
鶏照り焼き 青唐、小とまと、蕪
五目汁 洗い葱、七味唐辛子
しょうが御飯 もみ海苔
デコポンと洋梨ゼリー寄せ

| 19 日のメニュー |
特製田舎風 パテ ド カンパーニュ
濃厚栗かぼちゃのポタージュ
真鯛のソテ ディグレレ風
2 種のワンプレートデザート チョコケーキ & ブランマンジェ
バケット / イワンロール

レストランAOYAMA レストランAOYAMA

調理製菓学科 高山学科長、久田 学長がご挨拶し、お集まりくださった家族の方々に、学生らの日々の頑張りを伝えました。
一品ずつ、心を込めて作った料理を笑顔で提供する学生たちは、実習で培ったチームワークも抜群です。

レストランAOYAMA レストランAOYAMA

試食の終盤では、学生の代表がスピーチを行いました。
2 年間共に頑張ったクラスメイトを一人ひとり紹介し、家族への感謝のメッセージを送りました。
成長著しい姿に、涙する保護者の方の姿も見られ、レストランは笑顔と涙に包まれました。
学生たちは全てを出し切り、最後のレストラン実習を終えました。

Communication

コミュニケーション