健康科学部 健康栄養学科 3 年次の村川 三奈 さんが保健所での実習時に考案した惣菜レシピが、実習先の地域活動栄養士会で使用するレシピ集に使用されることとなりました。

村川さんは 8 月の臨地実習で貝塚地域の保健所に配属された際、一人暮らしの主に高齢者の健康的な食生活をサポートするために進められていた取り組みの一環として、家庭で手軽に作ることのできる副菜のレシピを考案しました。
使用するのは調味料を含めたった 3 種類の食材で、調理時間もわずか 5 分という超お手軽メニューながら、カルシウムなどの栄養素や、緑黄色野菜がしっかり摂取でき、海鮮の風味が効いた食べ応えのある一品です。

ピーマン沖あみ和え
材料(4 人分):

  • ピーマン 160g
  • 沖あみ 12g
  • めんつゆ 大さじ 1、小さじ 1
  • 作り方:
    1. ピーマンは洗って縦にスライスする
    2. 材料全てを耐熱容器に入れレンジ 500W で 4 分加熱する。

    沖あみは、海に近い貝塚地域では新鮮なものが手に入りやすく、鮮やかな赤色とピーマンの緑とのコントラストは食卓でも見栄えがします。
    村川さんのアイディアは「お一人様でも簡単に作れるレシピ」として取りまとめられ、地域の栄養指導などにおいて活用されます。

    Communication

    コミュニケーション